オンライン寄付サイト Invest in the Future

部活をはじめたい小学生にユニフォームを

クリスマス会

クリスマス会

  • クリスマス会
  • お礼の手紙
  • テニスのお礼の手紙
  • 家が見つかった子供からの手紙
  • 緊急用パッケージ
  • 親子カフェの作りかた

子どもたちの「クラブ活動を続けたい」を応援しませんか。経済的な理由で、部活をやめてしまう子供がとても多いです。せっかく入っても、道具や合宿費が払えず続けられない子供たちも多いのです。そこで、続けられたり、始められるように返済の必要のない奨励金を作り、小学生、中学生のお子さんにお渡ししています。部活に夢中になった大人だからできる支援です。未来の後輩のために、先輩からプレゼントを贈ってあげてください。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
保護者の経済状況が豊かであると、子供に対する機会提供の幅も広がり、頻度も多くなる傾向にありますが、経済的に厳しい状況の保護者は、子供に対しての機会提供は少なく、幅も狭くなります。体験とは、将来の備えとして、豊かな人生をおくるためとしても必要な学びであり、子ども時代に機会が失われることは、将来にマイナスの影響を及ぼしかねません。子供の貧困は、「体験の格差」でもあります。そこで、体験の機会を少しでも増やすために、子どもたちの習い事、部活に焦点をあてました。

【解決する方法】
小学生、中学生の初めての部活、校外活動を応援する「小さな一歩応援プロジェクト」 2016年度からスタートし、東京都内在住の母子家庭の子どもたちに寄附を原資とした奨励金をお送りしています。
奨励金は5万円を基準額とし、返済不要。
クラブ活動、部活、校外活動に掛かる費用を対象としています。また、希望により、プロや元経験者からのアドバイスも受けられる機会を提供。母親には続けるための家計簿指導などを提供。子供たちの初めての活動をサポートしてきます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
習い事を継続できるようになって、健康になったり、自分に自信を持てるようになった子供からお便りが来ています。お母さんからも、経済的な理由で辞めなくてはならない部活を、続けてあげることができて、感謝されています。ご寄附をしてくださっている方からは、「自分が好きなスポーツを同じように愛してくれる子供を応援できるのはとても嬉しい」「自分もお金がなくて諦めたことがある。同じ気持ちを味あわせたくない」「日本の子供に直接支援できるのは目に見えるから良い」とお礼の手紙がよせられています。このプロジェクトの成果として、子供は部活や習い事を止めずにすんだり、継続して参加できるようになりました。母親は経済的な理由で子供に部活を止めさせずに済んだり、子供の夢をかなえられるので、とても喜んでいます。現在まで、子供が部活、習い事を助成後も続けられており、子供もお母さんも安心してすごしやすくなっています。

【受益者からのメッセージ】
「ちゃんとした靴を履かせることができました。プレイも楽しく、動きもよくなったと喜んでいます。洗濯物は自分で洗っていましたが、家の手伝いも良くするようになってきました。コーチの教えかもしれません。夏には合宿が控えています。毎年、お金のことで心配しているのですが、今年は安心して合宿にも行かせることができます。また、夏になった写真を報告をお送りします。宜しくお願いいたします。」
「写真は、初めて買った水着と着替えようのタオルです。気に行ったようで、包まっています。小学校のプール開きの前に、プールを習い始めたので、自信を持って学校の授業に参加することができました。まだまだ泳げる段階ではありませんが、自分の中で水泳が得意だと思いこんでいます。技術はまだまだですが、習い事に通っていると言う環境を与えただけで、気持ちが向上していることに嬉しく思います。この度の素晴らしい制度、本当にありがとうございました」

【寄付によって達成できること】
子供の将来を応援できます体験の格差は将来に悪影響を及ぼします。子どもたちにとって、部活はスポーツを学ぶ機会だけではなく、友達を作ったり、健康な身心を作る人生の一部。子供の人生に関わる学校外の先輩になってください。少しを集めて、みんなで支援するカタチです。子どもたち1人に対して5万円を支給しています。月々1000円をしてくださる方が4人集まれば、1人の子供の1年の部活代を支援できます。多くの大人のチカラをすこしづつ集めて、みんなで子供を応援していきます。

今年度のプロジェクト予算額1,000,000


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 特定非営利活動法人リトルワンズ
募集期間 2018/12/102019/04/02
活動地域 関東
本年のオンラインでの寄付額 70,000

プロジェクト担当者

好きな部活や習い事をやってみたい、続けたいという母子家庭の小学生への支援は、日本でも珍しいカタチです。ボールをパスするように、たすきをつなぐように、未来の後輩のために、大人の参加を待っています。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.