オンライン寄付サイト Invest in the Future

貧困家庭の高校生に学びの機会を![ガチゼミ]

[ガチゼミ]は月2回の他に、夏期・冬期講習も行なっています

[ガチゼミ]は月2回の他に、夏期・冬期講習も行なっています

  • [ガチゼミ]は月2回の他に、夏期・冬期講習も行なっています
  • ボランティアの学生が、ガチゼミ生と一緒に数学を勉強しています
  • マンツーマンで丁寧に教えてくれる人がいると勉強がはかどります
  • 夏期講習最終日です!
  • 定期テストの反省会も行い、分析と対策をたてています
  • 模試や試験を意識して勉強しています
  • ガチゼミ学部説明会を行なっています
  • ボランティアは勉強を教えるだけでなくロールモデルにもなります
  • 授業で分からなかった部分も丁寧に教えてくれます
  • 紙がまっ黒になる程、びっしりと説明を書いています

キッズドアの学習支援事業[ガチゼミ]は、家庭の経済状況などの理由から塾に通えない高校生を対象に年間約40回の大学受験を目指す高校生、浪人生に向けての支援を行っています。お金がなく塾に通えない生徒に向けて、大学生を中心としたボランティア講師が質の高い勉強サポートを行っています。貧困家庭の子どもたちが学びたいことを学べ、環境に左右されず自らが進路を決めることのできる社会の実現のために、力を貸してください。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
日本の子どもの7人に1人が相対的貧困の状態にあり、経済的に苦しい家庭、ひとり親家庭、さまざまな困難から、高校や大学への進学をあきらめる子どもがたくさんいます。
親の経済状況により十分な教育が受けられず望む進学ができない子どもたちが、親と同じ低所得の職業に就き自分の子どもの世代へも貧困の継承をしてしまう「貧困の連鎖」が生じています。
高校入学当初は、「頑張って勉強して学費の安い国公立大学に行きたい」と言っていた[ガチゼミ]に通う生徒が、自分のお小遣いや進学費用の準備のためにアルバイトに精を出し、[ガチゼミ]から足が遠のいていく現実。成績が徐々に降下し、国公立大学を諦め学費の高い私立大学に行くために、さらにアルバイトに精を出すという負の連鎖に入り込みます。
学力ではなく生まれ育つ環境によって、進学することができない子どもがいるのは成熟した社会とはいえません。

【解決する方法】
無料で学習の機会を提供することにより、希望を持って高等教育を受け、将来の自立につながる進路や自分が望む生活ができるチャンスを子どもたちに与える一助となることで、「貧困の連鎖」を断ち切ることにつながります。
NPO法人キッズドアでは、2011年春に大学進学を目指す高校生、浪人生をサポートする完全無料学習会[ガチゼミ]を開始しました。
[ガチゼミ]では、キッズドアにボランティア登録している大学生や社会人が質の高い個別指導の学習サポートを行っています。また時にはボランティア講師の得意分野の授業や、センター試験に特化した授業を行うこともあります。生徒は困窮家庭にあっても「絶対に大学に行く」という強い意志を持つ生徒ばかりで、中には難関国立大学や医学部を目指す生徒も在籍しています。[ガチゼミ]に通う生徒は今まで自習学習のみを行ってきた生徒がほとんどです。[ガチゼミ]で初めてボランティア講師にマンツーマンで丁寧に教えてもらうことで驚くほど成績を伸ばす生徒が毎年おり、昨年度は難関国公立大学や難関私立大学にも合格者を出すことができました。しかし現在も[ガチゼミ]の予算は潤沢にあるとは言えません。遠方から[ガチゼミ]に通う交通費が負担になる生徒や、高い受験料のため受ける大学数を十分に確保できない生徒がいるのが現状です。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
みなさまからのご支援がたくさん集まることによって、充実した内容で安定的に[ガチゼミ]が運営できます。今はまだ実現不可能ですが、ボランティア講師へのささやかな謝礼や、生徒への交通費支給、受験料の援助などを行うことがもしできるのであれば、生徒もボランティア講師も安心して、そして更なるモチベーションで[ガチゼミ]に通うことができます。
現在ガチゼミの卒業生が大学生となり、今度はボランティア講師として[ガチゼミ]に参加しています。[ガチゼミ]の卒業生がいつか社会にでて、この子どもの貧困問題を解決する人材となることがこのプロジェクトの長期的な目標となります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
「[ガチゼミ]に通う以前は自分の学力や家庭状況から自分が大学に進学できるかとても不安でした。しかし[ガチゼミ]に通うことで学力を上げるだけではなく、お金の話や将来の進路のことも相談することも出来ました。受験前にストレスを感じる時も[ガチゼミ]で先生と話すことや、周りの生徒と一緒に勉強することでリラックスができました。大学入試にも合格できて本当に[ガチゼミ]には感謝しています。」
([ガチゼミ]に通う高校3年生・女子の声 2018年)

【寄付によって達成できること】
・1,000円で、[ガチゼミ]に参加する学生指導ボランティア1回分の交通費になります。
・3,000円で、小休憩時の生徒と学生ボランティアの飲み物やおやつ、2回分を用意できます。(1回あたり7時間程度の長時間指導であり、また経済的に大変厳しいご家庭もあるので、余裕があればおやつを出しています)
・5,000円で、生徒の指導に必要な参考書を2〜3冊購入することが出来ます。
・30,000円で、[ガチゼミ]学習会1回開催分の費用をまかなうことができます。(学生ボランティアの交通費の他、通信費、印刷費、学生ボランティアの研修費、備品、事務局費用など)

今年度のプロジェクト予算額1,500,000


活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人キッズドア
募集期間 2014/10/01
活動地域 関東
本年のオンラインでの寄付額 80,000

プロジェクト担当者

[ガチゼミ]では本当に熱心に勉強をする生徒、そしてそれを支えるボランティア講師で成り立っています。しかし日々[ガチゼミ]を運営する中で、資金不足により生徒やボランティア講師に負担をかけてしまい歯がゆい思いをすることがあります。ほんの少しのご寄付が運営を支える大きな力となります。ご寄付よろしくお願いいたします。
[ガチゼミ]担当 NPO法人キッズドア 西田航

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.