オンライン寄付サイト Invest in the Future

フィリピン洪水緊急支援

フィリピン洪水被害に対し緊急支援活動を開始しました

 17号、19号と1週間のうちに立て続けに2つの台風に見舞われ、ことに10月3日のルソン島上陸後同月6日に再上陸という台風停滞下のフィリピンでは、洪水発生から1週間以上経過した後にも浸水状態が続いている地域や孤立する地域があるという深刻な事態になりました。

 台風17号はルソン地方中部を横断し、ブラカン州、パンパンガ州が大洪水に陥りました。ブラカン州カルンピット町では、洪水発生から1週間たった5日時点でも、腰の高さまでの浸水が続いていました。これまでに31の州に被害が発生し、103,852世帯・約49万人が被災、死者56人、行方不明28人を数えます。
 AMDAでは、緊急事態に対応するため同月3日に本部から調整員を派遣し、フィリピン国内での関係者との調整を行ってきました。
 その結果、軍の医療従事者らとチームを組んでの診療活動と、沿岸警備隊と共同で食糧や水などの緊急物資の配給を行うことを決定し、同月4日から以下のような活動を実施しています。衛生状態の悪化、被災者の心身の健康状態の悪化が懸念されることから、さらなる支援活動を行うべく地元の関係者と調整を続けています。

 ■活動内容
・診療活動
10月6日、リザール州キサオ町で、フィリピン軍の内科・外科・歯科・眼科各医師、セラピスト、薬剤師等とともに60人のスタッフで医療活動を実施した。この日の患者数908人。


・食糧配給
10月4日、南マニラのブラカン州ハゴノイ町で、150袋のドライフードをフィリピン沿岸警備隊とともに配布。9日には2回目の配給をブラカン州カルンピットで実施する予定。



活動レポート

寄付の受付は終了しています
団体名 認定特定非営利活動法人アムダ(AMDA)
募集期間 2011/11/112017/03/09
活動地域 アジア

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.