オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

特定非営利活動法人5years

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10199

団体情報

がん患者さんの社会復帰を支援するために患者の交流サイトを運営しています。6,000人以上の患者たちのプロフィール情報とともにがん経験者たちが相談にのる仕組みを提供しています。
所在地 東京都
TEL 活動の性質上、住所は非公開としております
FAX 活動の性質上、住所は非公開としております
E-mail
ホームページ
活動開始日 2013年10月
代表者 大久保 淳一
事業対象分野 がん患者支援
組織の目的 【使命】「一人でも多くの患者さんのこころを救い社会復帰につなげる」ことを使命としています。 【活動目的】命と向き合っているがん患者には「希望」「癒し」「がん体験者情報」が必要です。これら3つはがん治療の後、元気に社会復帰した人達からの情報により得られます。私たちの活動目的は患者間のコミュニケーションを実現可能にすることで、この3つを提供し多くの患者たちの社会復帰に貢献することです。
主な事業 NPO法人5yearsでは、がん患者さんたちに必要な4つ(「希望」「癒し」「仲間」「経験情報」)を提供するために以下4つの事業を行っています。 ①治療後、元気に社会に戻った人たちのプロフィール情報の提供。これは「治療への希望」「治療後の人生への希望」となります。 ②患者間交流サイトの運営。同じ病(がん)を経験している仲間たちとの交流は「孤独感からの癒し」になります。 ③公開Q&A(独自SNS)、及びテレビ電話施設による患者間コミュニケーションの場の提供。先にがんを経験した人達からの貴重な「経験情報」が手に入り、生活課題解決のために一人で試行錯誤する苦労が減ります。 ④オフ会の運営。ネットで繋がったがん患者たちはリアルに「仲間たち」と会うことでより一層強い「希望と癒し」が手に入ります。 これまでの世界では、がんの告知を受けた後、自分と同じ経験をした人がどこにいるかなんてわかりませんでした。しかし「5years」のプラットフォーム(6400人以上のがん患者が登録)があると同じがん経験者を見つけられ、その人とコミュニケーションがとれる。がん患者特有のどうしたらいいか解らない真っ暗闇の世界に「光」をさすことができるのです。
スタッフ 有給専従スタッフ: 0名
有給非専従スタッフ: 0名
無給専従スタッフ: 7名
会員制度 正会員: 9名、1団体
登録がん患者会員数:6,421名
財政(2017年度) 総収入 6,276,452円
総支出 3,263,605円
財源内訳 入会金・会費収入: 4.00%
個人寄付金収入: 34.0%
企業寄付金収入: 62.0%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.