オンライン寄付サイト Invest in the Future

特集バックナンバー Vol.3「森とともに生きる」


特集バックナンバー一覧はこちら  最新の特集はこちら

「急がなければ大変なことになる!」日本の国土の67%をも占める森林がいま、荒廃の一途をたどっています。 日本の場合、森林の約4割は下草刈りや間伐、枝打ちといった手入れを必要とする人工林。 手入れされない森林の木は枯れていき、洪水、土砂くずれ、海水汚染などを招きます。 森と共存する社会やライフスタイルが、今こそ求められています。

GreenTV Japan 映像アーカイブより (GreenTVとは

今回Give One(ギブワン)では、Green TV Japan のご協力を得て「森とともに生きる」に関連した映像をご紹介しています。

GreenTV映像へ
消え行く日本の知恵びと
「東北のこの集落には家が2軒しかありません。おじいさん1人おばあさんが2人 暮らしているだけです。築200年以上の茅葺き屋根の家を守り、昔ながらの生活を続けていらっしゃいます。」(ナレーションより)

GreenTV映像へ
「人が集まる森を作りたい」
「学生たちが千葉県の鶴舞で行っている森作り。森に入り、地域の人と繋がり、昔の日本にはあった 『世代や家族を超えた、人と人との繋がり』『人の温かみ』『自然の豊かさ』を感じています。」(ナレーションより)

GreenTV映像へ
森で生きる名人Ⅰ
「杉種採り名人の杉本充さんは、奈良県でもその技術を持つ最後の人ではないかと言われています。 「森の名人と会って人生が180度変わった」と語る代田七瀬さんがレポートします。」(ナレーションより)

GreenTV映像へ
森で生きるⅡ「名人の願い」
「『どうしても切られるのがいやだという木もある』と穏やかに語るヘギ板づくり名人、 小林鶴三さん。木を切ったら植えるという循環を大切にしたいと切実に語ります。」(ナレーションより)

GreenTV映像へ
森の名人Ⅲ ~かるい作り名人
「農林業主体の地域では、竹背負い籠「かるい」は、昔から大変重要なもので、 椎茸採取や、栗の収穫、森林作業用具の運搬等に広く活用されているそうです。」(ナレーションより)(GreenTV)

GreenTV映像へ
森の名人Ⅳ ~アツシ織りの名人
「アットゥシ(attus、アツシ、アトゥシ、アットゥシ織、アッシ織、厚司織とも言う)とは、 オヒョウ(シナノキが使われることもある)などの木の内皮の繊維を元に作った素材を、機にかけて織ったアイヌの織物だそうです。」(ナレーションより)

荒廃の一途をたどる日本の森林

豊かな森に恵まれた日本は、国土の67%を森林が占めています。しかしその森林は猛スピードで荒廃が進んでいます。

実は日本の森林のうち約4割は、下草刈りや間伐、枝打ちといった手入れを必要とする人工林です。 今、戦後の拡大造林の時に植林したスギやヒノキなどが生長し、収穫期を迎えているのに、安い輸入材におされて 使われずに放置されているケースが目立ちます。木材が売れず、下草刈りや間伐、枝打ちといった手入れをする人が いなくなった森では、土壌は痩せ、雪や台風からの影響をもろに受けやすくなり、地域存続の危機に及んでいる場所も あります。

森林の役割とは

森林は、二酸化炭素を吸収するだけでなく、私たちの生活に欠かせないさまざまな役割を担っています。

森林に蓄えられた水は除々に河川などへ流出し、水量を安定させます。私たちの生活や工業・農業への利用効率を高め、 豪雨後の河川の急激な増加を抑えるなど、「緑のダム」の役割を果たしています。

また森林は、土砂の浸食や流出を抑制します。大きく育った木の根は土壌を堅縛するため、 土砂崩壊の防止機能はさらに高くなります。

さらに落葉からつくられる腐葉土に含まれる「フルボ酸」が地中の鉄イオンと結合して「フルボ酸鉄」になり、 川から海へ流れていきます。海中に溶けた「フルボ酸鉄」がプランクトンを育て、その結果、豊かな海が育まれます。 (「日本の環境と暮らしを守る森林の役割」より) 

このまま手入れをせずに放置しつづければ、森はこのような大切な機能を果たすことができなくなるのです。

わたしたちにできること

危機感を感じた市民の活動が始まっています。かつては当たり前だった「自然とともに生きる暮らし」から学ぶ活動に 取り組む高校生。世界遺産である白神山地で、自然と親しみブナの苗木を植える活動に取り組む団体。 市民が参加して森林の手入れをする活動に対する資金的な支援(助成)。

将来にわたって私たちが森と共存していくために、Give One(ギブワン)では、自然を大切にし、森と共存する社会や ライフスタイルを築くために、この3つのアプローチにクローズアップします。

関連プロジェクト

「森の聞き書き甲子園」プロジェクト (共存の森ネットワーク)

GreenTV映像へ
「森の聞き書き甲子園」は、森とともに生きるための知恵や技、ものの考え方や生き方を「森の名手・名人」から 「聞き書き」し、後世に残す活動です。
「森の名手・名人」とは、樵(きこり)やマタギなどの森づくり、きのこ作り、 桶職人、藤箕づくり、炭焼き等を生業(なりわい)とする達人の方たちです。毎年、社団法人国土緑化推進機構が、 「森づくり」「森の恵み」「加工」「森の伝承・文化」の4部門から達人100人を選定しています。
「森の聞き書き甲子園」では、日本全国から選ばれた100人の高校生が100名の森の名手・名人の元を訪れ、 「聞き書き」をして、「森の名手・名人」の知恵や技、ものの考え方や生き方を学び、未来へ守り伝えていきます。 「森の聞き書き甲子園」に、あなたも寄付という形の参加をしませんか。

クマゲラの棲むブナの森復元基金 (白神山地を守る会)

世界遺産のうち自然遺産と言われるものは、日本では今現在、白神山地と屋久島、知床にしかありません。
この貴重な世界の財産・遺産をいかに後世に残していくか―。白神山地を守る会では、人の立ち入りを一切禁止するという方法ではなく、 エコツーリズムのような形で自然の懐に飛び込み、この素晴らしい自然を多くの方に知ってもらって、 遺産を残そうとしています。
白神山地は世界最大級の原生的なブナ林を持っていますが、その周辺では過去にブナが伐採され、 森の荒廃が進んでいます。白神山地を守る会では、今では減ってしまっているクマゲラ(国の天然記念物に指定されている鳥)が 棲みつづけられるような、ブナの森を復元するための資金を集めています。 2000円で、4年生のブナの苗木を2本植林することができます。

箕面山麓の里山を守る基金 (公益信託「みのお山麓保全ファンド」)

国土のおよそ4割を占める里地里山は、農林業など人と自然の長年の相互作用を通じて形成された自然環境であり、 多様な生物の生息環境として、また、地域特有の景観や伝統文化の基盤としても重要です。 しかし、過疎化や高齢化などにより人為の働きかけが減少し、景観の荒廃や里山特有の動植物の衰退など 生物多様性の劣化が進行しており、保全・再生が急務となっています。 (環境省 生物多様性センターより)
みのお山麓保全ファンドでは、山麓保全のための活動に資金支援をしています。市民自らが参加して四季折々に美しい箕面の山なみを守り、 育て、活かすための活動へのみなさまのご寄付は、助成金の原資になります。

まとめて寄付

写真

「森とともに生きる」寄付パッケージ

「森とともに生きる」特集の関連3団体に均等配分します。

寄付受入れ関連プロジェクト

写真

「森の聞き書き甲子園」プロジェクト

森の名人と森に入り、技術や知恵を学び、地域に住む人に話を聞き…

写真

クマゲラの棲むブナの森復元基金

世界遺産 白神山地のブナ林周辺部の伐採されたブナの森を復元再生…

写真

箕面山麓の里山を守る基金

四季折々に美しい箕面の山なみを守り、育て、活かす山林所有者や市民…

パーフェクト寄付ガイド
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.