オンライン寄付サイト Invest in the Future

テーマで探す

検索結果:「障がい者 」で検索した結果36 件あります。

寄付プロジェクト一覧

36件中 1 ~ 20件表示

視覚障害学生への3Dプリンタ寄贈プロジェクト

特別支援学校には、さまざまな障害を持つ学生が在籍しています。本プロジェクトが対象とする視覚障害学生は、物や動物などの形を理解する時に、触察という、模型などを触ることで形を学びますが、模型には限りがあるため、形状を知らない物や動物が結構あり、それが情報バリアの一つになっています。本プロジェクトでは、3Dプリンタで模型を作成する方法を学ぶため、誰でも手軽に模型を作成できるようになります。作成した模型を通して触察することで、形に対する情報を増やすことを目指しています。

特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター

[ 2016/12/19 ]

茨城県中学2年生K君に学ぶ喜びを!

聞こえに不自由のある茨城県中学2年生のK君の 「みんなと一緒に笑いたい・学びたい」 という切ない思いを支えるため、授業や学校行事に文字情報支援をお届けします。

特定非営利活動法人長野サマライズ・センター

[ 2016/07/19 ]

障害児を持つ親が働けない、障害児保育問題を解決する

保育園や幼稚園では、医療的ケアが必要な子どもや重い障害をもった子どもは、預かってもらうことができません。 障害児を持つ母親のほとんどは、医療費や療育費など、子育てにかかる費用が必要であるにもかかわらず、預かり先が無いために仕事を諦めているのが現状です。 フローレンスでは、「障害児訪問保育アニー」によって、障害を持ったお子さんを1日保育することで、障害児をもつ親御さんの就労を支援しています。

認定特定非営利活動法人フローレンス

[ 2016/06/20 ]

国産材・間伐材の割り箸を広げたい!プロジェクト

森林には、地球温暖化防止、水源涵養、災害防止などの役割があります。ところが今、手入れがされずに日本の森林は荒れています。外国からの安価な木材の安定的な輸入、また、過疎化や高齢化による担い手不足により、林業が荒廃しているからです。経済的に成り立たなければ、手入れはされません。そこで、このプロジェクトでは、森林・林業が活性化されればとの思いから、国産間伐材製「樹恩割り箸」の使用を進めます。

認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK

[ 2015/12/08 ]

障害児・病児の遠隔授業支援の仕組みづくり事業

病気や手術で入院・治療の期間も「授業が受けたい、授業に参加したい」という、病児・障害児のニーズに応えるため、インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組みます。

特定非営利活動法人長野サマライズ・センター

[ 2015/12/08 ]

「原発事故から5年、福島の障がい児に輝ける場所を」

福島で暮らす自閉症やアスペルガー症候群等の発達障害の子どもたちが、家庭と学校だけでなく、安心して過ごせる場所「放課後等デイサービスがっこ」「交流サロンひかり」を提供しています。特に東日本大震災・原発事故のあと、環境の変化に戸惑い、強いストレスを感じる親子が増えています。障がい児ひとりひとりが輝くことができる、放課後の居場所づくりにご協力ください。

特定非営利活動法人ふよう土2100

[ 2015/12/08 ]

障がい者が「まちで普通に暮らす」ために

「まちで普通に暮らしたい」という障がいのある人たちの願いを実現するためには、障がい者が収入を上げられるようになることと、社会の理解が必要です。トゥギャザーは、障害者施設の商品の売り上げを伸ばすために、共同生産する仕組みを作ってきました。オンラインショップでは数々の手作り製品を扱い、2014年には、大阪の梅田スカイビル内地下1階にショップも開店しました。 グループホームをつくる活動にも取り組んでいます。障がい者の自立と社会参加のために、ご協力をお願いいたします。

認定特定非営利活動法人トゥギャザー

[ 2015/12/08 ]

共に議論できる場をつくる為に、『情報保障』が必要です。

障害のある人が抱える問題、今必要な取り組みを議論するための集会や学習会を開催するに当たり、様々な情報保障が必要です。

認定特定非営利活動法人DPI日本会議

[ 2015/10/15 ]

聴覚障害児・者への支援充実にサーバーを!

私達は聴覚障害児に対する教育支援の一つとして、インターネットとタブレットによる遠隔操作を利用した文字通訳に取り組んでいます。現在は通訳者が通訳拠点まで足を運ばずとも自宅からの支援が出来るシステムを始めています。学習支援活動を軸に、遠隔通訳利用の幅は広がってゆくことでしょう。情報格差に翻弄されず、聴覚障害者・児が社会の一員として生きてゆくために必要な情報が簡単に得られる世の中を作っていきましょう。

特定非営利活動法人長野サマライズ・センター

[ 2014/12/15 ]

君の音ってどんな音?オーケストラ教室 シンフォニー

「みんな“すてき”」を合言葉に、障害を持った子ども達と健常の子ども達が互いを知り、一緒に学び合い成長していく場を創ります。それが、来年1月に立ち上がるオーケストラ教室「シンフォニー」。 感受性豊かな子ども達は、障害のあるなしにとらわれることなく、響き合う音を楽しみながら一つの曲を奏でる事で互いの才能を刺激し合い、足りない部分を埋め合う大切さを知るでしょう。そして障害を持った子ども達の、のびやかで素直な表現力に驚きを感じて欲しいのです。

特定非営利活動法人響愛学園

[ 2014/10/01 ]

「キーボード動物園」から音声を文字で伝える聴覚支援

私たちの活動は、タブレットに『話し言葉を文字で表す』聞こえの支援です。 長野から全国へ支援を行っています。遠隔文字通訳の利用も広がる中、技術支援者が足りません。全国どこからでも、あなたの力を活かしてもらいたい!そのための技術研修、最新の機器の活用により聴覚障害のある方々の“耳の代わり”になることができます。パソコン文字通訳という選択肢を一人でも多くの聴覚障害児に届けるために、普及活動を行います。

特定非営利活動法人長野サマライズ・センター

[ 2014/10/01 ]

東日本大震災復興支援活動 Good Job!東北プロジェクト

東日本大震災の影響によって仕事を失った福祉事業所に対し、所属メンバーのアートとデザインの力を活用した仕事の開発、収入のアップを目標に商品やサービス開発などの支援活動を実施。支援事例は6件(継続含)でうちひとつは2年間で売上が145%増になりました。また、東北地方で障害のある人の新しい仕事をつくろう=Good Job!を合言葉に、2012年度に実施した岩手・宮城・福島巡回セミナーには229人が参加。勉強会・人的交流・販売イベントなどを通じたネットワークづくりにも取り組んでいます。

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

[ 2013/10/04 ]

障害のある作家の展覧会 エイブル・アート・アワード

エイブル・アート・アワードは、障害のある人々の創作活動を支援するため、エイブル・アート・ジャパンが1998年から実施しているプログラムです。画材を提供する「画材支援の部」、個展の開催を支援する「展示会支援の部」、学校や職場、自宅でもない「サードプレイス」としての役割を担う民間アトリエに資金提供する「小さなアトリエ支援の部」の3部門があり、多方面からの支援によって障害者アートの可能性を広げています。

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

[ 2013/08/02 ]

ちがいを認め合うアート空間 エイブルアート・スタジオ

エイブルアート・スタジオは誰にも開かれた多目的なスペースです。アート・社会・福祉を切り口に「エイブルアート芸術大学」と「アトリエ・ポレポレ」の2つの講座を開催しています。アートは人と人。人と場所をつなぐものであるという理念のもと、誰もが自分らしくいられる場であることを大切に障害のあるなしに関わらず自由で豊かな表現の場を共有できる場として1年を通じて活動を行います。

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

[ 2013/07/31 ]

目で聴き・知る喜び、私たちが聴覚障害児を支援します!

聴覚障害のある子どもたちは「みんなと一緒に笑いたい、学びたい」という切実な思いを持っています。それを実現するための方法のひとつが「パソコン文字通訳」。パソコン文字通訳者が、最新の機器を使って話し言葉を文字にすることで、聴覚障害のある方々の“耳の代わり”になることができます。パソコン文字通訳という選択肢を一人でも多くの聴覚障害児に届けるために、普及活動を行います。

特定非営利活動法人長野サマライズ・センター

[ 2012/11/27 ]

障害者のための読み上げ音声付き教科書製作基金

視覚障害や学習障害がある生徒たちのために読み上げ音声付きマルチメディア教科書が大きな効果を上げていますが、算数・数学・理科の製作がニーズに追いつきません。ボランティアの助けにより、1000円あれば2頁がマルチメディア化出来ます。待ち望んでいる生徒たちのもとへ、マルチマディア教科書を届ける事業にご協力下さい。

認定特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット

[ 2012/11/27 ]

点字図書製作のための原本購入費のご協力を

視覚障害者にとって「読書」は健常者以上に大切な楽しみです。点字・録音図書制作に協力ください。

社会福祉法人日本点字図書館

[ 2011/10/19 ]

復興みやぎ:「倒壊の危険性高い」デイサービス施設の移転新築プロジェクト

東日本大震災で倒壊の危険が高くなったデイサービス施設を移転、新築します。

特定非営利活動法人みやぎ身体障害者サポートクラブ

[ 2011/09/21 ]

東北被災地の障害者施設支援プロジェクト

被災地の障害者施設の主に授産商品の販売支援を行い、売上を伸ばし、障害者の仕事の確保と給料アップを図ります。

認定特定非営利活動法人トゥギャザー

[ 2011/08/18 ]

次へ >最後へ >>

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.