オンライン寄付サイト Invest in the Future

テーマで探す

検索結果:「国際協力 」で検索した結果67 件あります。

寄付プロジェクト一覧

67件中 1 ~ 20件表示
インド タミルナドゥ州の女性
NEW

貧困に苦しむインドの女性農家40人に収入を!

在来種や自然物を利用した伝統的な農業を通して、プーデゥール村とボディヤグンダン村の2ヶ村に住む女性40人を対象にオーガニック農業を始める支援をします。また女性で構成された自助組織(SHG)を通して、在来種の共同管理する仕組み、井戸や溜池の整備なども行います。 この活動は当会の日本人職員2名が駐在し、共同して8年になる現地NGOのCIRHEPと協力して実施します。同様の支援内容で、借金を減らして農業ができて、収入が1.5倍となっています。

特定非営利活動法人地球の友と歩む会(LIFE)

[ 2018/12/01 ]

【インドネシア地震】避難生活を送る人々に日用品とテントを!

2018年9月28日インドネシアのスラウェシ島における地震と津波を受け、グッドネーバーズは、緊急支援の実施を決定し、30日に現地調査チームを派遣しました。10月8日よりドンガラ県の避難キャンプ(Limboro camp)で水・食料・毛布・衛生用品等の支援物資配布などを実施しています。みなさまの緊急募金へのご協力をお願いいたします。

認定特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパン

[ 2018/10/16 ]

インドネシアスラウェシ島地震被災者緊急支援

9月28日にインドネシアのスラウェシ島で発生した地震と津波をうけ、CAREは、現在、地震被災者への緊急支援を行うため、1,500万ドルの寄付を世界中で呼びかけています。これをうけ日本においても、緊急募金を開始します。 あなたのご寄付で、多くの人々を絶望から救うことができます。緊急募金へのご協力をお願いいたします。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2018/10/03 ]

タイ農村地域の青少年リーダーシップ育成プロジェクト

タイでは、国内における貧富の格差が拡大しており、農村地域では、最低限の学力を身に着けることのみが優先され、子どもたちは、社会や人との関わりの中で生きていく力やリーダーシップ、また職業的な技能を学習する機会に恵まれていません。そこで、私たちは、農村部の青少年、特に女子に対し、ワークショップ等を通じてリーダーシップや職業的技能を高めることにより、社会性・自律性の高い人材を育成する活動を行っています。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2018/06/19 ]

ケニアの貧困地域で、未来を切り開くカウンセリング

ケニア共和国でHIV感染率25%と最も高い地域であるホマベイ郡。エイズの影響を受けながらも、孤児(片親または両親を亡くした子ども)が、自身が置かれた状況に屈せずに、自ら立てる人生設計に基づいて行動できるライフスキルを身に付け、未来を切り拓いていけるよう「カウンセリング・キャリアプランニング支援」を届けます。また、それを支える保護者の「子どもの教育に対する態度や理解、経済力の向上」も目指します。

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS

[ 2018/04/16 ]

子どもを守るコミュニティ形成プロジェクト

ネパールのシンドゥパルチョーク郡で実施するこのプロジェクトは、コミュニティの人々とともに、教育を中心に子どもが健全に成長できる環境を整えることを目指しています。2015年の大地震後は被災した子どもたちの学習環境を取り戻すことを最優先に、学校の校舎の再建、修理や、水飲み場やトイレの整備などの活動を行っています。

認定特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン

[ 2018/02/02 ]

「ミャンマー難民人道危機」緊急募金

ミャンマーのラカイン州北部で起きた武装勢力と治安部隊との戦闘行為により、隣国バングラデシュに逃れる難民の人々が急増しています。その数は8月25日から約65万5,000人(1月7日現在)にのぼり、その多くが移動にお金を費やし、着の身着のまま、何も持たずにバングラデシュに到着しています。その、80%が女性や子どもたちです。混乱の中、両親や家族とはぐれて一人で逃れてくる子どもたちの数は2万人を超えています。住居や食料、水、トイレ等の衛生設備、保健サービスなどの一刻も早い人道援助が求められています。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2018/01/12 ]

学習雑誌で東ティモールの人々に生きるチカラを!

私たちは、東ティモールの農村部、とくに貧しく識字能力の低い世帯に向けて、現地語「テトゥン語」による学習雑誌「ラファエック」を作成・配布し、子どもたちの教育や発育、健康管理についての知識と能力の習得、また小規模ビジネス、農業、健康、識字と計算の4分野の知識を身に付けることを目指します。また、この雑誌を利用した住民参加のワークショップを中心とした活動も展開します。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2017/12/07 ]

東ティモール 農業を通じた生計向上事業

アジアで一番新しい国、東ティモール。国民の66%が24歳以下の若者たちという若さあふれる国です。 しかし、その一方で、国民の4割が、貧困ライン以下で暮らすアジアの最貧国の一つに数えられており、国内においても、都市と農村地域の貧困格差が課題となっています。 CAREのミッションは、支援の届きにくい人々に支援を届けること。 このミッションのもと、私たちは、東ティモールにおいて、支援の行き届きにくい農村地域を対象に生計向上支援を行っています。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2017/12/07 ]

世界遺産キリマンジャロ・“命の森”を人々の手に!

世界遺産キリマンジャロでは、2005年にその森を守るためとして、地域住民が利用してきた生活の森(日本の里山にあたる森)への国立公園の拡大が断行されました。そして武装レンジャーが配置され、武器と暴力による住民の徹底排除が行われました。 このプロジェクトでは、世界遺産の山で行われているこのような重大な人権、生活権の侵害をなくし、地域住民が主体となって森を守っていく新たな森林管理の実現を目指します。

タンザニア・ポレポレクラブ

[ 2017/12/04 ]

【ミャンマー避難民に緊急支援】80万人が人道危機

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、人道危機に直面している80万人のミャンマー避難民(※)に対して、緊急支援を実施します。2017年10月現在、新たに50万人以上がバングラデシュに流入しており支援が不足しているため、生活に必要な物資の配付、医療提供、子どものための心理的な応急措置などを行います。                              ※JPFでは、民族的背景および避難されている方々の多様性に配慮し、「ロヒンギャ」ではなく「ミャンマー避難民」という表現を使用しています。

認定特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

[ 2017/10/30 ]

ネパール中部地震復興支援活動

2015年4月25日にネパール中部で発生した地震への緊急医療支援活動に続き、復興支援活動として心理カウンセリングボランティア養成、学校トイレ建設プログラム、健康診断プログラム等の活動を実施し、その中でも障がい者支援プロジェクトは現在も継続しています。地震により、障がいを抱えた方々に対し車いすの製造支援や生活の質の向上のための様々な活動を行っています。

認定特定非営利活動法人アムダ(AMDA)

[ 2017/08/07 ]

南スーダンの"飢饉"をはじめとした人道危機に対応

2005年より10年以上にわたり南スーダンの支援を継続してきたジャパン・プラットフォーム(JPF)は、現在展開中の「南スーダン支援」プログラム内にて、同国内における飢饉対応を最優先事項に追加し、支援を継続します。

認定特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

[ 2017/05/15 ]

インドの無医村に病院を設立し、村民の命を救います

約8,300人の少数民族が住むインド、マハラシュトラ州ガッチロリ県ムスカ村周辺には、あらゆる医療サービスがありません。アジア協会アジア友の会では、これまでこのムスカ村で約10年間、健康診断のみを行ってきましたが、ここにきてようやく、村の協力と理解のもと、村とその周辺に持続的な医療サービスを提供するための病院設立の体制をつくることができました。ムスカ村の青年組合が中心となって立ち上げる病院の運営と自立を支援してください。

公益社団法人アジア協会アジア友の会

[ 2017/02/14 ]

バングラデシュの農村地域に『最高の授業』を届ける!

私たちがバングラデシュで提供する教育支援事業では、高校生の進学を応援するのみならず、進学した大学生をコーディネーターとして採用し、地元の後輩学生に指導する機会を提供することで、社会の課題を解決するリーダーの育成に寄与します。地域の課題を実体験をもって理解している若手リーダーが育つことにより、教育格差や貧富格差の是正を目的とした活動も活性化し、民主的な組合の取り組みが全国に広がることが期待されます。

特例認定特定非営利活動法人e-Education

[ 2016/12/20 ]

カンボジアの貧しい人々に医療を届けます

カンボジアではポル・ポト政権の影響から、人口1千人あたりの医師数が0.23人(2010年)と周辺アジア諸国の中でも最低レベルにあり、医療施設や医薬品不足に加え、医療者も不足する深刻な状態にあります。ジャパンハートでは2008年から医療活動を開始。日本から医療ボランティアを派遣し、地方の貧しい人々を対象に無料で診察や手術活動を行ってきました。2016年には自らの病院を開業し、ここを拠点に医療活動の更なる展開を目指しています。

特定非営利活動法人ジャパンハート

[ 2016/12/07 ]

ネパール大地震復興プロジェクト

のどかで、穏やかなネパールが大地震に見舞われたのは昨年4月。1年以上経った今でも、地震の爪痕は人々の暮らしにも心にも強く残っています。多くの援助機関が撤退する中、シャプラニールは20年にわたってネパールで活動してきた経験やネットワークを生かし、ネパール社会で取り残されてしまった人々にも支援が行き届くよう復興活動を行っています。

認定特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会

[ 2016/09/27 ]

パレスチナ・ガザ地区の農家と子どもたちに「安全な水」を

2014年夏の空爆で、1,549人の民間人が命を落とし、3分の1は児童でした。戦闘後も継続する経済封鎖や物資搬入停止により、生活レベルの低下が懸念されています。 特に、人々の生活を支える水不足が深刻化、安全な飲み水を確保することが難しくなっています。 そこで私たちは農業活動を支援するための水再処理施設を建設と、脱塩処理施設の設置を通して子どもたちに安全な飲み水を提供するプロジェクトを立ち上げました。

公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)

[ 2016/08/12 ]

栄養不足の赤ちゃんを救う! ガーナ乳幼児栄養改善事業

多くの貧困層が暮らすガーナの北部州では、5歳以下の子どもたちの栄養状態が非常に悪く、喫緊の課題になっています。私たちは、対象地域において、保護者を対象にした栄養啓発と食習慣の改善活動を通して2歳未満の赤ちゃんの栄養改善を目指します。また、さらなる生活の向上のため、貧困層の女性たちが起業家として活躍できる環境づくりを支援します。
小さな命を守るため、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン

[ 2016/04/26 ]

困窮するシリア難民へ、支援物資配布にご協力を

ヨルダンに逃げ込んだシリア難民の数は、63万人に上ると言われています。ヨルダンの街や村で避難生活を送るシリア難民の多くは、収入を得る手段は限られ、内戦前のシリアの2倍とされる物価の高いヨルダンで困窮した生活を強いられています。NICCOはヨルダンのザルカ県において、生活難にあえぐシリア難民の生活を助けるため、支援物資の配布を行なっています。

公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)

[ 2015/12/08 ]

次へ >最後へ >>

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.