オンライン寄付サイト Invest in the Future

活動地域で探す

検索結果:「北海道・東北 」で検索した結果34 件あります。

寄付プロジェクト一覧

34件中 1 ~ 20件表示

福島支援の強化:東日本大震災から7年目の取り組み

東日本大震災直後より支援活動を実施してきたジャパン・プラットフォーム(JPF)は、今後少なくとも2018年度まで福島県の被災者支援を継続し、様々な課題に対応していきます。例えば、引き続き復興の主体となる地元のNGO/NPOを助成対象とする「共に生きる」ファンドを通じて、被災者のニーズを把握したきめ細やかな支援などを行っていきます。

認定特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

[ 2017/05/01 ]

MLB特別協力 復興支援ベースボールプロジェクトin東京

自然災害を経験した東北と熊本、そして港区の中学生野球チームが3日間の合同合宿を開催します。野球という共通のパッションを軸にした同世代の若者たちのつながりと、心に残る思い出づくりを応援します。また、震災の風化を防ぐため、防災への意識向上を考える機会を設け、ボランティアリズムの啓蒙と災害時に自ら行動を起こせる若い世代のリーダーシップの育成も目標としています。

特定非営利活動法人Hands On Tokyo

[ 2017/04/11 ]

知床ネイチャーキャンパス2017の開催にご協力を!

公益財団法人知床自然大学院大学設立財団は、全国に不足する野生生物保護管理(ワイルドライフマネジメント)の専門家を養成する高等教育機関の設立を目指しています。世界自然遺産・知床の豊かなフィールドでこそ実現可能な教育プログラムの検討、試行のため、合宿形式の「知床ネイチャーキャンパス」を開催し、人材養成の第一歩を踏み出します

公益財団法人知床自然大学院大学設立財団

[ 2016/11/30 ]

「原発事故から5年、福島の障がい児に輝ける場所を」

福島で暮らす自閉症やアスペルガー症候群等の発達障害の子どもたちが、家庭と学校だけでなく、安心して過ごせる場所「放課後等デイサービスがっこ」「交流サロンひかり」を提供しています。特に東日本大震災・原発事故のあと、環境の変化に戸惑い、強いストレスを感じる親子が増えています。障がい児ひとりひとりが輝くことができる、放課後の居場所づくりにご協力ください。

特定非営利活動法人ふよう土2100

[ 2015/12/08 ]

宮城県山元町で行う海岸防災林再生プロジェクト

海岸防災林は、古くから農地や居住地への潮害を防止するなどの環境保全機能を担い、東日本大震災の際には津波の威力を軽減する役目を果たしてくれました。このプロジェクトでは、震災により失われた海岸防災林の再生を行います。長期的な住民参加型の活動として組織することで、津波被害により集落が全壊し失われつつある地域住民同士の互助的な“結い”のつながりを保った本来的な地域の復興を実現します。

認定特定非営利活動法人国際環境NGO FoE Japan

[ 2015/12/08 ]

縄文時代から続く落葉広葉樹の白神山地の森を再生しよう

9,000年前、対馬暖流による温かい海水と偏西風が日本海で交わり、多雪の風土が白神山地というブナの森をつくりました。温帯の落葉広葉樹の森である白神山地は、森と海の文化が作り上げた結晶です。そして、白神山地というエコミュージアム(森の博物館)をつくりました。私たちは、この自然への畏敬の念を抱き、再生と循環の森の世界観を持ち、山・川・海の循環に包まれた暮らしを営々と続ける為に、山に木を植えます。

特定非営利活動法人白神山地を守る会

[ 2015/12/08 ]

廃校活用「かれいざわ小学校」 一口校長先生 大募集!

私達は地域コミュニティの再生を目的に青森市より旧王余魚沢(かれいざわ)小学校(平成16年に児童数の減少により廃校)を借用し、廃校と周辺里山を連携しながら、コミュニティカフェの運営、イベント開催など様々な活動を展開しております。小学校は地域コミュニティの最も集約的な存在であり、廃校になったとはいえ時代にマッチした使い方を行うことで地域の大きな活力となります。しかし、校舎の老朽化が進み、維持管理が難しくなっています。この小学校を今後有効活用してくために、一口校長先生及び応援団を募集します。

仮認定特定非営利活動法人あおもりNPOサポートセンター

[ 2015/12/08 ]

炊き出しや夜回りでの手渡しなど、配布の輪が広がっています。

「路上脱出ガイド」の改訂・配布プロジェクト

路上生活者やその恐れのある人が路上から脱出できるための情報誌、「路上脱出ガイド」。今回、平成27年4月の生活困窮者自立支援法の施行にともなって、新しく設置された相談窓口や制度の説明追加にくわえ、掲載情報の見直しや更新のために、本ガイドの東京版と大阪版の改訂を行います。また、路上では接触できないホームレスの方にも情報を届けるため、図書館やネットカフェなどにも置いていただくなど、配布先の拡大も予定しています。

認定特定非営利活動法人ビッグイシュー基金

[ 2015/12/08 ]

子どもたちが健やかに育つための学びの機会創り

貧困家庭の子どもに対して、抱えている課題や要望等を基に必要とされる支援を行います。支援には家庭訪問による個別支援(学習支援、工作、料理、マナー等)と家庭外における集団での講座(スポーツ、キャンプ等)があります。これらを通して同年齢間・異年齢間交流の機会、多様な学習の機会等を提供し、子どもの豊かな成長を支援します。

特定非営利活動法人ビーンズふくしま

[ 2014/10/09 ]

土壌・水・海の放射能汚染測定プロジェクト

食品・土壌・水・海水・魚介類から測定をし、環境の汚染を知り、子どもたちの健康を守るために役立てます。そのために、ストロンチウム90とトリチウムの放射能β線核種を測定する機材を整え、測定体制をつくります。

認定特定非営利活動法人いわき放射能市民測定室 「たらちね」

[ 2014/10/01 ]

「白神山地に1000本の広葉樹を植樹しよう」プロジェクト

白神山地には世界最大級の原生的なブナ林が広がり、1993年に自然遺産(世界遺産)に登録されました。しかし世界遺産になる前に拡大造林計画が進んでいたため、ブナの伐採が行われ、人工林の杉林があちこちに作られています。白神山地を守る会では、人工林をブナの森に復元するため、広葉樹の種を拾い、苗木をつくり、植林を行っています。1000本の広葉樹を植えるために必要な資金とボランティアを募っています。

特定非営利活動法人白神山地を守る会

[ 2014/10/01 ]

福島の若者たちの挑戦したいを応援するプロジェクト

次世代を担う若者の“チャレンジしたい”を応援してくれませんか。 孤立感を感じたり、生きにくさを抱えていたり、様々な悩みを抱えた若者にとって、主体的に関わり続けられる活動の場所が地域に少ないのが現状です。彼らのわくわく感を育む居場所、そして地域の中でチャレンジしたいを形にできるハンドメイドカフェを共に支えてください!

特定非営利活動法人ビーンズふくしま

[ 2014/08/31 ]

東日本大震災復興支援活動 Good Job!東北プロジェクト

東日本大震災の影響によって仕事を失った福祉事業所に対し、所属メンバーのアートとデザインの力を活用した仕事の開発、収入のアップを目標に商品やサービス開発などの支援活動を実施。支援事例は6件(継続含)でうちひとつは2年間で売上が145%増になりました。また、東北地方で障害のある人の新しい仕事をつくろう=Good Job!を合言葉に、2012年度に実施した岩手・宮城・福島巡回セミナーには229人が参加。勉強会・人的交流・販売イベントなどを通じたネットワークづくりにも取り組んでいます。

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

[ 2013/10/04 ]

地元住人が被災地の未来をつむぐための多目的スペースを!

学びあいから行動へ!東日本大震災の被災地である気仙沼で復興の拠点となる多目的スペースをつくります。心のケア、学び、そして行動へと繋げ、地元住人が主体となり被災地の未来をつむぐ地域創造プロジェクトです。

特定非営利活動法人ネットワークオレンジ

[ 2012/11/27 ]

元気を発信!雄勝コミュニティーセンタープロジェクト

震災で全ての施設を失った宮城県石巻市雄勝町で、震災後初めての恒久的施設となるコミュニティ―センターの建設が2012年8月より始まりました。国内外から多くのご賛同と寄付をいただき、2013年4月14日に無事に竣工を迎え、雄勝町の再生を願う人々の願いが輪となり繋がり作られた建物として、また今後も人々の輪をつなげる役割を果たす憩いの場となることを願って、「オーリンクハウス」と名づけられました。皆さまのご協力、誠にありがとうございます。

特定非営利活動法人Hands On Tokyo

[ 2012/11/27 ]

復興いわて:まごころサンタ基金

まごころサンタ基金は、被災した受験生に対し、返還不要の奨学金を給付し進 学を応援するものです。

特定非営利活動法人遠野まごころネット

[ 2012/03/01 ]

復興ふくしま:うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクト

福島県内の県北、県中地区の仮設・借り上げ住宅の子どもたちへの遊びや学びの機会を提供します。

特定非営利活動法人ビーンズふくしま

[ 2011/11/25 ]

復興ふくしま:喪失体験さえも生きる力に変えたい in ふくしま プロジェクト

地震や津波、豪雨などの災害による喪失体験、原発事故による喪失体験等様々な喪失をわかちあうつどいの開催

グリーフケア&ピアサポート 福島れんげの会

[ 2011/11/18 ]

次へ >最後へ >>

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.