オンライン寄付サイト Invest in the Future

障害をもつ人の権利をまもるために!

DPI日本会議では、個人の権利侵害に対応できるようにと1995年にDPI障害者権利擁護センターを創設しました。当センターへは、日常生活におけるあらゆる場面で不当な扱いを受けた障害をもつ人たちが相談にきます。障害をもつ相談員が、自分自身の障害にかかわる体験を活かしながら、当事者の視点から、障害をもつすべての人の権利侵害に関する相談に応じています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
障害者権利条約の批准や、障害者差別解消法の施行等により、障害当事者個人の人権意識が高まり、相談は増加傾向にあります。しかし、障害者差別解消法は不当な差別的取り扱い、合理的配慮をしないの2種類の差別を禁止していますが、個別・具体的な検討、つまり対話を通して生きにくさや困難さを減らしていくしか方法はなく、実際、建設的対話の成立は困難さを極めています。また、2016年7月に起きた相模原障害者殺傷事件は、障害当事者にとって、生きることを根底から否定されるような衝撃的なことでした。この双方からみえるのは障害者が障害のない者と同等に生きる権利を社会に根付かせる必要性があることです。既存の法制度では補うことのできない権利意識、または権利条約がめざすインクルーシブ社会の実現には当事者主体の権利擁護の内実をさらに高めることが求められています。

【解決する方法】
障害者に対する差別は多くの場合、差別した側には悪いことをしたという自覚がありません。周囲も「しかたがない」と簡単に差別を認めてしまい、時には差別を訴える障害者を「わがまま」扱いすることもあります。「障害者だからしかたがない」とあきらめたり、ひとりで悩んだりするのではなく、すべての人が自信と安心感をもって生活できるよう、問題の解決に向けて相手側と調整・斡旋などを行い、少しでも相談当事者の納得のいく解決につなげるための取り組みを行っています。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
障害を理由に、人としての誇りや尊厳、そして機会を奪われるような行為を許してはいけません。そして、どこにもつながれない、既存の法制度の対象にもなれない障害をもつ人への相談にいっそう取り組む必要があると感じています。過去に、どのような相談があったかは、DPI日本会議のホームページ上で随時更新していますので、ご覧ください。
当センターでは、障害当事者の方に、気軽に相談をしてもらえるよう、相談の対応はすべて無料で行なっています。しかし、全国から寄せられる相談に対応するためのスタッフ人件費や訪問の際の交通費等、運営資金の調達は常に大きな課題です。当センターの運営に是非、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。



活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人DPI日本会議
募集期間 2008/04/27
活動地域 日本全国

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.