オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

認定特定非営利活動法人アサザ基金

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=165

団体情報

霞ヶ浦流域において市民型公共事業「アサザプロジェクト」を展開。湖岸植生態の復元、企業と連携した水源地保全のための地酒づくり、魚粉事業などを環境教育や保全生態学の先端研究と一体化しながら流域全体で実施しています。
所在地 〒300-1233 茨城県牛久市南3丁目4-21
TEL 029-871-7166
FAX 029-871-7169
E-mail asaza@jcom.home.ne.jp
ホームページ http://www.asaza.jp/
活動開始日 1999年12月
代表者 飯島 博
事業対象分野 環境教育 環境保全 地域振興 外来種駆除 バイオマスエネルギー
組織の目的 「霞ヶ浦・北浦流域での、自然や文化などの保全や復元の活動を通じて、霞ヶ浦・北浦流域全体の自然や文化などを再生させるとともに、人と自然、人と人との関係を再構築することによって、霞ヶ浦・北浦流域を含む地域住民のための、より豊かな環境及び共生の文化を創出することを目的とする。」(定款)
 上記の目的を実現するため、「湖と森と人を結ぶ霞ヶ浦再生事業・アサザプロジェクト」を立ち上げました。アサザプロジェクトは霞ヶ浦流域に自然と共存する循環型社会の構築、新しい社会システムの構築を目指しています。アサザプロジェクト100年計画は、10年ごとに具体的な野生生物の名を掲げ、その生物が生息できる環境を取り戻すことを目標としています。そして、最終ゴールは100年後にトキが舞う霞ヶ浦です。
主な事業 霞ヶ浦流域を中心とする環境教育(秋田県、東京都でも実施)
小学校の総合学習を推進役としたまちづくり(牛久市・潮来市・鹿嶋市)
湖岸植生帯の復元
放棄水田を生かした水質浄化
地方自治体と連携した流入河川の環境改善
企業と連携した水源地保全のための地酒作り
農業との連携による外来魚駆除と新しいビジネスモデルの展開(魚粉事業)
スタッフ 有給専従 10名
有給非専従 なし
無給専従 なし
会員制度 正会員 40名
賛助会員(個人) 100名
賛助会員(団体) 20団体
協力会員 200名
協力こども 10名
財政(2016年度) 総収入 40,889,904円
総支出 29,553,643円
財源内訳 入会金・会費収入: 2.30%
個人寄付金収入: 14.3%
事業収入: 72.6%
助成金収入: 9.8%
その他経常収入: 1.0%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.