オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

白神山地エコロジー体験ツアーが開催されました。

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=66


2001年10月6日・7日、白神山地を守る会のエコロジー体験ツアー(ガイド:白神山地を守る会代表、永井雄人)が開催されました。今回の参加者は25名。参加者からのコメントをご紹介します。「樹齢300年というブナの巨木が残っている森を、自然を傷めないように気をつけながら歩きました。自然の音と香りを体全体で感じ、白神山地とはどういうところなのか、なぜ世界遺産になったのか、核心地域はどこまでか、という「白神山地の基礎知識」を教えてもらうと同時に、白神山地周辺の交通規制、オーバーユース、イヌワシの保護問題、赤石川ダムの建設問題、白神ラインの道路拡張、そしてブナの伐採など、多くの問題を目の当たりにして、破壊・伐採された自然の、再生復元の必要性をひしひしと感じずにはいられなくなりました。」(写真は、樹齢300年のブナに聴診器をあてる参加者。)

現在、白神の核心地域に勝手に入ることは許されていません。でも、白神山地はけっして「手つかず」の原生自然ではなく、古来、人びとの相互関係を基本に維持されてきたブナの森でした。森の糧で生活してきたマタギなどの「山棲み文化」は、しかし「自然保護」や「世界遺産」の名のもとに入山規制や禁止を強制されることによって、失われつつあります。「ブナの植樹や杉の枝打ちをしながら、人間と自然の共棲に想いを馳せ、今自分が何をしなければならないのか、人類はどこに向かっていくのか、考えさせられる実り多いツアーでした。(田口)」*次回のツアー開催は2002年春の予定です。







活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.