オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

活動自立のための、養魚池での魚の水揚げを実施しました

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=268


TEACAの活動の自立を目指して取り組んでいる収入向上事業の一つ、養魚池事業。TEACA事務所の建設にともない、それまでオリモ小学校にあった池を、事務所脇に新たに造成しました。その新しい養魚池での、第1回目の漁獲が実施されました。池で育てられているのはテラピアというアフリカ原産の魚。プランクトンや草などを食べて育つため、ランニングコストがかからないメリットがあります。水温の高い低地では年に 2~3回漁獲できますが、 キリマンジャロ山の高地では年1~2回となります。(写真は、普段の養魚池。日中暖かいときは水面近くを泳ぐテラピアの姿を見るときができる。)

今回捕れたのは全部で104匹。放流されたときの稚魚は大きさが5cmほどですが、20~25cmほどに成長しています。捕れた魚は大きさ別に分けられ、その場ですぐに村人に販売されます。市場で魚売りの商売をやっている女性たち もやってきます。「高い」、「いや、安い」、「だったらその大きいのを1匹おまけしろ!」など丁々発止のやりとりがされますが、そんなやりとりを傍らで聞いているのも面白い。商売人相手になると、さすがのTEACAのリーダーもちょっと押され気味です。しかし小さいのを除いて完売しました。売り上げは9千シリング。日本人の感覚でいうと2万円くらいになるでしょう。(写真は、水揚げのために池の水を抜いたところ。この後完全に干して、池を補修する。)

残った小さな魚はというと・・・。漁獲の様子をキャーキャー大騒ぎしながら見ていた少女たち。彼女たちの目が訴えています。「この魚はきっと私たちのものよ!」と。その眼差しにまたしても負けてしまうTEACAリーダー。「分かった、分かった、持ってけ、持ってけ。でもちゃんと全員に行き渡るように分けるんだゾ!」。少女たちの小さな手に大事そうに握られた小さな魚たち。「アサンテー!(ありがとー!)」と言い残して彼女たちは走って家に帰っていきます。商売抜きですが、そんなやりとりを見ているのは、やはり悪くありません。(写真は、収獲されたテラピア。アフリカ原産だが、日本でも養殖されている。)







活動レポート

2017/10/30

近くて遠い森

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.