オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

知床ネイチャーキャンパス2017を開催しました。

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11246


公益財団法人知床自然大学院大学設立財団は、2017年9月30日〜10月2日、自然再生や自然復元を学ぶ「知床ネイチャーキャンパス2017」を開催しました。

知床ネイチャーキャンパスとは、野生生物の科学的保護管理(ワイルドライフマネジメント)の先進地である知床を舞台に、この分野の第一線で活躍する大学教授らが講師を務め、保護管理の実際に関する講義、野外実習を体験する教育プログラムです。昨年度に続き2回目の今年度は、全国の学生、社会人20人が受講しました。

講師を務めたのは中村太士・北海道大学大学院農学研究院教授、石川幸男・弘前大学白神自然環境研究所教授、梶光一・東京農工大学大学院農学研究院教授、竹中健・シマフクロウ環境研究会代表、増田泰・知床財団事務局長、敷田麻実・北陸先端科学技術大学院大学教授の6人。講義のほか、実習やワークショップの指導もいただきました。



初日は9月30日午後1時にスタート。自然再生・自然復元の考え方、知床で行われている森林再生の取り組み、エゾシカの管理、ダム改良による河川生態系の復元などをテーマに、各講師の講義を受けました。

2日目午前中は野外実習。前日に講義で学んだことを踏まえ、森林再生の現場である森(しれとこ100平方メートル運動地)や、河川生態系復元の現場である岩尾別川の河口や流域を歩き、実際の現場で課題や現状を学びました。

2日目午後は、シマフクロウの生息地復元や、自然再生のマネジメント、成果を上げる自然再生活動のプロセスについて、各講師より講義を受けました。



3日目は、受講生が4つのチームに分かれ、「100平方メートル運動地や河川生態系の価値を高める提案」を考えるワークショップを実施しました。午前中は実際に知床の保全管理業務にあたっている知床森林生態系保全センター、知床財団、北海道、斜里町の職員にインタビューし、提案について考えを深めていきました。


午後はグループワークを行い、夜にオープンキャンパス(学習成果発表会)を開きました。ご協力いただいた関係機関や地元住民の方々が集まり、受講生の発表に耳を傾けていただいたほか、提案に対する意見交換を行いました。

講義や実習、ワークショップを行った濃密な3日間で、受講生は知床における自然再生や自然復元を学びました。私たちはこのようなカリキュラムの試行を通じて、知床でできる教育のあり方や、目指すべき高等教育機関像を明確にしていくつもりです。この活動は皆様からいただいた寄附金で成り立っております。今後ともご支援をどうぞよろしくお願いします。






活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.