オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

キリマンジャロ山での植林体制の強化、新規苗畑を立ち上げ

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11214

キリマンジャロ東山麓Kokirie村に新たに立ち上げた苗畑
キリマンジャロ東山麓Kokirie村に新たに立ち上げた苗畑

キリマンジャロ山での植林は、今後40村が連携して組織した地域協議体であるKIHACONE(Kilimanjaro Half mile forest Strip Conservation Network)が主導していく方針です。






2005年に地域住民の生活林であったハーフマイル・フォレストストリップ(HMFS)が国立公園に取り込まれた後、新規植林はおろか、既存植林地の管理(除草、補植、枝打ち、間伐、パトロール等)は違法とされ、実施できなくなりました。

しかしこれまでの政府との交渉を経て、地域住民による環境保全活動を排除することは許されないとの流れをほぼ固めることができました。

KIHACONEはすでに来年大雨季の植林実施を目指して準備を始めていますが、今後旧HMFSでの森林保全活動では、各村バラバラの対応ではなく、全村統一の指針のもとで実施していくことを目指しています。

またそのために、今後一歩一歩それぞれの村の植林体制を整備していく計画です。掲載している写真は、今年度キリマンジャロ東山麓にあるコキリエ村に立ち上げた新たな苗畑です。

苗畑ではさっそく、村人たちが苗木を育てるための育苗ポットへの土詰め作業に精を出しています。KIHACONEは今年度南山麓の村にもう一箇所、新規苗畑の設置を行う計画です。






活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.