オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

国立公園内での住民による植林、ついに政府が認める!

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11191

国立公園内の旧バッファゾーンでの植林のために集まって きた住民たち
国立公園内の旧バッファゾーンでの植林のために集まって きた住民たち

住民排除を目的とした国立公園の拡大により、植林を含む一切の環境保全活動が 禁止されていたキリマンジャロ山の旧バッファゾーン(※)で、地域住民による 植林がついに再開されました!

 ※ かつての住民の生活林で“ハーフマイル・フォレスト・ストリップ”と呼ばれ ていた。現在は国立公園に接収。


これは現地で4月から始まった大雨季に、当会が協力しキリマンジャロ山での住 民主体による森林保全・管理を目指している40村による地域横断組織 KIHACONE(Kilimanjaro Half mile forest strip Network)が主導して実施した ものです。

このことはキリマンジャロ山の森林保全のためには地域住民の力が必要であるこ とを政府が認めたことを意味しており、今後森を守ろうとする住民を政府が拒否 することはなくなったといえます。

私たちは旧バッファゾーンが国立公園に取り込まれた2005年以来、10年以上にわ たって、その拡大がキリマンジャロ山の森林保全にもたらす悪影響を訴え、その 問題解決のために政府への働きかけを続けてきました。今回国立公園での植林が 許可されたことは、これまでの取り組みが結実した大きな成果だといえます。

KIHACONEはすでに各村と協力し、旧バッファゾーンの各所で大雨季植林を実施し ています。

一方、私たちが目指しているのはたんに旧バッファゾーンでの植林活動の許可だ けではありません。地域にその森を取り戻し、彼らが主体となった森林保全・管 理を実現するとともに、旧バッファゾーンがまさに本来の“バッファゾーン”とし ての地位を回復すること、すなわちそこが地域住民の生活を支える生活の森であ ることを政府に認めさせることです。

今回の政府による植林許可はそのための第一歩だといえるのです。







活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.