オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

2016年3月発行予定!さらなるご支援をよろしくお願いします!

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11124


「“児童養護施設で暮らす子どもたちの声”を届ける」プロジェクトは、昨年10月のE-ファンドレイジングチャレンジ2014からスタートし、その後継続してご支援をいただいてきました。ほぼ一年が経過し、これまでに291,763円のご寄付をいただいています。ご支援をいただいた皆さん、広報にご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

当初目標額として設定していた500,000円まではあと210,000円・・・。目標額には到達していませんが、皆さんからのご寄付と応援の声に力をいただいて、2016年3月の発行をめざして動き始めました。
児童養護施設での子どもへの暴力防止プログラム(CAP/キャッププログラム)の提供は、施設職員の皆さんへのワークショップ、子どもたちへの発達段階やニーズにあわせたワークショップ、さらに地域セミナーから成り立っています。2006年から本格的な組織をあげての取り組みとなり、たくさんの子ども、そしておとなと社会的養護の現場で出会ってきました。
子どもたちは、その多くが虐待や不適切な関わりによって心とからだを傷つけられた体験を持ち、それが故に自己肯定感の低さや無力感を抱き、人に対する不信感を持っていたりといったことが見受けられます。それが学校等で誤解を受け、あたかも性格かのように受け取られ、孤立するということも起きています。子どもたちは“困った子ども”ではなく、“困っている子ども”です。支援が必要な子どもたちです。
これまでの10年近くの活動の中で出会ってきた子ども、そして職員の皆さんの声を保育所・幼稚園・小学校・中学校等の子どもたちが通う機関に届け、子どもたちが適切な支援を受け、安心して、自信を持って、自由な気持ちで過ごせる環境の整備をめざすのが本プロジェクト。なんとしてもやり遂げなければと決意を新たにしています。
改めまして、皆さん、どうぞご支援をよろしくお願いします!







活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.