オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

ご寄附は大切に、白神山地のブナの森の復元・再生活動に使用します

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11044

「白神山地に1000本の広葉樹を植樹しよう」プロジェクトにご寄附を頂いた皆様、本当にありがとうございます。皆様のご寄附は大切に、白神山地のブナの森の復元・再生活動に使用させて頂きます。

さて、世界遺産に登録された白神山地は、昨年ユネスコ登録20周年の佳節を迎えました。白神山地は世界最大級の原生的なブナ林を持っていますが、その周辺では過去にブナが伐採され、森の荒廃が進んでいました。今から14年前に、植林した津軽峠や津軽沢林道付近のブナ林を、その当時ボランティアで植林に参加した方々に声がけして、見て参りました。8メートル~10メートルに成長したブナから5メートルぐらいのブナがあちこちに元気に伸びている現場をみて、参加者からは「感動したね、生きていてよかった。大きくなったね。」との喜びの歓声が沸きあがりました。
また、当時秋田市立高清水小学校6年生で植林した子が大学4年生となり、自分たちが植林した場所を確認したいと訪れました。植林場所に向かう途中の車の中では、「(自分たちが植えたブナは)もう死んでいるかもなぁ」などと言っていましたが、必死で植林した場所を探し、ブナが自分の背丈以上に大きくそびえたっている姿に感動していました。当時、小さな子ども達は小さなブナの木を一本植えましたが、心の中にもずっと木を植えていたんだなぁと思いました。そして、いつかはその木を見に来たいという思い。本人の成長と共にブナの木も大きく成長していくんだなぁと思いました。

ブナ林の復元・再生活動は確実に成功し、広葉樹の森の復元・再生は成功しています。現在は第二、第三の地域のブナの森の復元に取り組んでいます。世界遺産を、次世代に残すための活動の広がりを確信しました。

昨年はブナが種をつけ大豊作の年でしたので、種拾いを行い、今年もその種を植えています。でも、今年は凶作です。ブナの種の周期は4年~5年です。その為、今年は餌を求めて里に熊の出没が多く、危険な日々が続いています。また、天候が晴れの日が続かなくて、土が乾かないながらも作業をしなければならない日々が続きました。

ボランティアでこの作業を応援してくれる方や、寄付金という形で応援してくれる方々と、支援してくれる形は様々ですが、私たちはそういう方々の思いを受けて、白神山地の森づくりに取り組んでいます。
皆様方のこの寄付金は大切な白神山地の自然保護・保全活動に使わせて頂きます。これからも私たちの活動を見守って頂くと共に、暖かいご支援をお願いします。

平成26年11月
特定非営利活動法人白神山地を守る会
代表 永 井 雄 人







活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.