オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

2014年7-8月現地渡航報告② ~森の名前の決定・森の自慢に関するアンケート~

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11034


タンザニア・ポレポレクラブでは、7月21日~8月8日の日程で現地渡航を行ないました。先回に引き続き、その結果を報告します。

Rafikiプロジェクトは、キリマンジャロ山に住む村人たちの「森を守りたい」という気持ちを支えることを目的に活動しています。
(今渡航のRafikiプロジェクトの目的と実施内容についてはこちら→http://polepoleclub.jp/arbeit-jigyou_kako.html#arbeit-jigyou_kako1407)

今回は、村区会議と村会議で行われた森の名前を決定する投票の結果・森に関する自慢に関するアンケートについてご報告します。

■森の名前の決定
先回ご報告した通り、3村でのキーパーソンミーティングにおいて村区会議と村会議の日程を決定されました。Rafikiプロジェクトメンバーの帰国後、3村で村区会議が開かれ、名前の候補及び理由が決められました。その後、3村の村会議にて投票が行われ森の名前が“Eden”に決定されました。決定された名前は、テマ村の1教会、キディア村の4教会、モウォ村の2教会の計7教会ですでに発表され、残り3教会で近日中に発表される予定となっています。村の人々は興味深く発表を聞き、発表の場は非常に沸いていたとの報告がありました。

■森に関する自慢についてのアンケートを3村で実
Rafikiプロジェクトでは、人々の「森を守りたい」という気持ちを支えていくツ-ルとして、森に関する自慢を集めたガイドブック、イラストマップ、カルタを作成しています。これらの情報源は森に詳しいテマ村の一部の人々からであり、カルタ、イラストマップに掲載したアイテムもこれまでのRafikiプロジェクトメンバー(日本人)が選び作成してきました。今回の渡航では、これらを「本当に村の人々が自慢に思うもの、子ども達に伝えていきたいものが集まったツール」にするため、森に関する自慢についてのアンケートをテマ村・キディア村・モウォ村の3村で実施しました。
今夏渡航では、これまでのアンケートと違って現在のガイドブックに記載されているアイテムをベースとせず、村の人々が自慢だと思うものをゼロから聞くアンケートを3村10教会に配布しました。今夏渡航の目的の一つである「森のツールを村の人々の意見に沿ったものとする」ため、今回はより多くの人々の意見を聞くことを目指しアンケートを実施しました。村・教会ごとに回収率のばらつきはありましたが、合計で約400枚の回答を得ました。今夏はテマ村だけではなく、キディア村・モウォ村においてもアンケートを実施回収でき、より多くの人々の意見を聞くという目的を達成できたと考えています。回収できたアンケートについては、データ化したものを集計し、その結果を教会にて発表する予定です。また森に詳しいガイドブック委員会の方々に、ガイドブック、イラストマップ、カルタの各ツールの機能を考慮した上で、それぞれのツールに相応しい、森に関する自慢のアイテムを反映していく予定です。







活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)


メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.