オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

新方式でのカマド職人養成を実施

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11006


現地カウンターパートTEACA(Tanzania Environmental Action Association)は、キリマンジャロ山南東山麓のロレ・マレラ村において、新方式によるカマド職人(改良カマド)の養成を実施しました。これまでカマド職人の養成にあたっては、その確実な設置技術の習得のために、最低3基を設置するまで、TEACAが現場に赴き指導、フォローをするという形をとっていました。



しかしこの方法は予定が読めないうえ(=最終的な技術習得がいつになるかが不明)、現場が遠かろうと毎回出向く必要があるという、大変に手間のかかるものでした。

そこで新しい方式では、TEACAの技術指導者が普及対象村に泊まり込み、そのタイミングで連続して最低3基まで設置してしまうという形に改善しました。これだと1回で技術習得の定着が図れます。

また新方式では、カマド設置希望者のグループ化、グループ内でのカマド職人の選出、研修前の全グループメンバーの資材調達の完了といった点も、研修方法の新たな要素として改良を加えました。


ロレ・マレラ村では、新方式での研修を受けたカマド職人による設置が始まっており、現地調査の結果、作りも非常に丁寧で、使い始めたママさん達の評価も大変高いものでした。

この結果を受け、今後もこの新方式によるカマド職人の養成を続けていく計画です。






活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.