オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

タンザニアポレポレクラブ:養蜂事業への中間技術の取り入れに向けて

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=11000

トップバー式養蜂箱
トップバー式養蜂箱

2月活動レポートで、現地カウンターパートTEACA(Tanzania Environmental Action Association)のリーダーを隣国ケニアでの養蜂研修に派遣したことをご報告しました。(http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10999)

目的は、養蜂事業における技術的ブレークスルーを図ることにあります。具体的には養蜂の科学的管理に対する知識を高め、次いで技術集約度の高い養蜂と伝統養蜂の中間に位置する養蜂技術の導入を狙っています。

研修はコース制であることから今後も継続的に受講を重ね、知識の上積みを図っていく必要がありますが、中間技術の導入については、さっそくケニアでこの目的のために「トップバー式養蜂箱」(写真1)と呼ばれる養蜂箱のサンプルを調達してきました。



このトップバー式養蜂箱は、現在TEACAが使用しているラングストロース式養蜂箱(写真2)が2段重ねで1セットなのに比べると、格段に管理が楽になります。
また養蜂箱の作製にかかる手間や技量、必要な資材も当然軽減されます。
採蜜の効率やハチミツの品質は劣りますが、「作ることが簡単」、「管理がしやすい」といった点は、現地での普及にあたってとても重要な要素であり、今後の普及に期待しています。






活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.