オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

村人との座談会実施(その1)

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10933

座談会の様子その1
座談会の様子その1

 2013年2月の現地渡航調査において行った「森を守りたい、守っていこうという気持ちが重要である」という点を村人と議論をするための座談会を今回はご報告させていただきます。

 日程は以下のようになっております。
2月22日(金) : 村人との座談会(第1回)・・・取り組みの認識共有等
2月28日(木) : 座談会(第2回)

1. 座談会の目的
 「森を守ろうという気持ちや意思が大切である」という目的・理念を議論・共有することは、現在の日本人が中心になって行われているRafiki Projectを、真に「日本の市民と村人との活動」にするための一環であると考え行ってきました。前回述べたように、村人に活動に関わってもらうためにも、まずは知ってもらう、特に理念などの根幹の部分を共有することが最も重要であると考えております。
 そのため、「森を守るためには、その気持ちの重要性」を確認し、村全体で一致した取り組みにすることが1つの大きな原動力になると考えています。つまりは、たとえ取り組みは各個人やグループでバラバラであっても、お互いに理念を共有して行う活動は村全体への波及力が高く、また、全員一致の取り組みには大きな力を持つだろうという考え方です。
 この座談会では、村長や助役、各村区長(村区とは村の1つ下の行政単位)、教会の委員会、学校の委員会、村を流れる各水路の長老、活発に活動している女性グループ、中学校の先生という村のキーパーソンに集まってもらい、理念を共有した上でRafiki Projectのような「森を守りたい、守っていこうという気持ちを支え、それを長く継続していく」を一緒に行うことを意図しています。また、村の「長老」とも言うべきお年寄りにもアドバイザー的な位置づけで集まってもらいました。もし、彼らが理念に基づき様々な活動を行えば、自然に村全体に理念や活動が広がっていくと考え、参加していただきました。

2. 座談会(1日目)
 さて、実際の座談会のスケジュールについてですが、このような理念に関わる部分の議論は1日で終わるほど簡単ではないと考えたことに加え、可能であれば、1日目に理念を共有できたならば、2日目までに、そのためには「どうのようなことができそうか」ということを議論し、少しでも実際の村での動きにつなげようということから2日に分け実施しました。

 1日目のスケジュールは以下の通りとなっています。
第1段階:なぜ植林活動など、森を守ろうとしてきたのかを聞かせてもらう。
第2段階:その実績としてテマ村周辺の森の豊かさのデータを示し説明
第3段階:「森を守る気持ち・心が大事」という点を議論・共有
第4段階:その「気持ち」を守るために作っている我々のツールに対して意見や感想をもらう

 まず、1段階目で聞いたテマ村の人たちが植林を行ってきた動機を聞き、その後、2段階目でその植林活動が実際にデータとして現れるほどに効果を上げている点をこちらから示すのが導入部分でした。そして、3段階目の「なぜ、テマ村だけが、これほどまでに成果を上げられたのか」の議論につなげるために設定しました。この議論の答えは1つの正解があるとは考えておりません。例えば、「植林活動を行ってきたから」「森は生活に欠かせないため大事だと思っているから」など様々な意見が想定されます。ただ、そうした活動はキリマンジャロ全体にあり、また、森が生活に欠かせないのは他の地域も変わらないはずです。では、「なぜ?」という議論の中で我々の意見として「気持ち」が違ったのだ、という点に繋げるつもりでした。実際に、参加者の議論からは、教育であったり、伝統であったり、こちらの考えている「気持ち」に関連するものもいくつか出て、その後に示した我々の考えである「気持ちが違ったのだ」「この気持ちが森を守っていくために、今後も重要なのだ」との意見にもある程度の同意を得ることができました。

 一方で、開始時間が大幅に遅れてしまったこと、予想以上にこちらの説明や議論に時間がかかってしまったことなどから、それ以降の部分がかなり駆け足になってしまいました。また、「気持ちが大事」に対する同意も得られたと書きましたが、時間がない中で何人かから同意の発言を得られただけであり、一人一人にしっかり確認をとっていったわけではありません。そのため、「比較的発言が少ない参加者がどう思っているのか」といったことに加え、「そうだ」といってくれた参加者も、あくまで会話の流れの中での発言である可能性もあるのではと考えざるを得ませんでした。
どこまでしっかりと同意をもらえたのか、参加者全体でもらえたのか、といったことに対して若干の不安が残ってしまう状態でした。

 【このレポートは(その2)に続きます】







活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.