オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

ハリナシバチの採蜜を実施

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10930

1:伝統養蜂筒
1:伝統養蜂筒

 カウンターパートTEACA(Tanzania Environemntal)の事務所の軒下には、ハリナシバチ(Trigona and Meliponula species)の伝統養蜂筒と養蜂箱が計15個吊されており、毎年1回収穫が出来ます。

 現在営巣中なのは14個で、今回このうち9個から採蜜を行いました(写真1=伝統養蜂筒、写真2=養蜂箱)。収量は全部で12リッ トル、平均すると1個から1.3リットルの収量ということになります。少ないように感じるかも知れませんが、ハリナシバチはミツバチ より体がかなり小さく、ハエより小さいくらいです。ですので、1回の収穫ではそれほどたくさんの蜜は採れません。


2:養蜂箱
2:養蜂箱

 ただその蜜は薬効が高い(プロポリスの含有量が多い)とされ、現地でも普通の蜂蜜より高値で取引されています。たとえば村では1 リットル2万シリング(普通の蜂蜜は1万4千シリング)で売られており、山の下の青空マーケットでは2万4千シリングで売られていま す。12リットルだと計24万シリングですが、これは現地公務員の最低月給のほぼ2倍にあたります。ハリナシバチの養蜂事業がもたら す収入は、なかなか大きいといえます。

 増やすことが難しいのがハリナシバチ養蜂の泣き所ですが、今後も出来る限り養蜂数を増やし、TEACAの自立に貢献できるようにし たいと考えています。






活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.