オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

DPIアジア太平洋ブロックの活動について

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10827

ABVメンバーとDPI-APのスタッフ
ABVメンバーとDPI-APのスタッフ

 DPIアジア太平洋ブロックは、同地域に25カ国の加盟国を持ち、事務所はタイ・バンコクにあり、アジア・太平洋地域、特にASEAN(東南アジア諸国連合)の障害当事者の完全参加とエンパワメントを目指し、活動しています。

 2010年以降は「ASEAN障害フォーラム」結成に向けてのプロジェクトを担い、DPI日本会議からもスタッフを派遣しました。プロジェクトを通して、自立生活やアクセシビリティ、当事者参画など障害者の権利条約推進に必要な柱を各国に広めていくための枠組み作りを進めてきました。
 2011年9月には、各国政府にも呼びかけを行い、「ASEAN障害フォーラム(ADF)」結成イベントを開催することができました。10月には、ASEAN地域の社会福祉問題に関する国際会議をインドネシア・ジャカルタにて開催し、ASEAN障害フォーラム(ADF)についての情報交換と、各団体間のパートナーシップの強化に努めました。


ASEAN障害フォーラム地域会議にて=2012年3月、カンボジア・プノンペンで
ASEAN障害フォーラム地域会議にて
=2012年3月、カンボジア・プノンペンで



 最近の主な活動としては、事務局のあるタイ・バンコクを中心に、以下のようなものが上げられます。
●障害者の参加とQOL向上に関するワークショップの開催(カンボジア・チェンマイ、タイ・アユタヤ/コンケン/プーケット)
●ASEAN地域における人権と開発に関するワークショップ
●障害者の政治参加のアクセス向上に関する地域会合(インドネシア・ジャカルタ)
●民軍連携による災害マネジメント
●CEDAW(女性差別撤廃委員会)選択議定書セミナー「国際的な進捗と課題」
●障害者の権利モニタリング研修(ネパール)
●ABV (Australian Business Volunteers) のボランティアへの障害平等研修
●聴覚障害者のピアカウンセリング・自立生活技術ワークショップ

 詳細は以下のウェブサイト(英語)よりご覧いただけます。
 DPIアジア太平洋ブロック事務局ホームページ http://www.dpiap.org/ 

 今年10月には、2年に1度のDPIアジア太平洋ブロック総会が、韓国・インチョンにて開催されます。この会議にあわせて、アジア太平洋自立生活センターネットワーク会合や、アジアの障害当事者団体のネットワークの会議なども開催されるため、インチョンにアジア太平洋地域の障害者が多く集まるイベントとなります。
 これらのイベント開催を含め、皆様からいただいたご寄付は、アジア太平洋の障害者組織の活動を強化するために使われます。
 今後とも、アジア太平洋の障害者活動にご支援のほどをよろしくお願いいたします。






活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.