オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

職場復帰に向けてのパソコンを使った作業

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10780

カード作成中
カード作成中

うつ当事者の職場復帰支援プログラム利用者は、作業能力の回復や職場復帰に向けての自信回復のためにパソコンを使った作業を行っています。作成物としては、こころ塾の各月の予定表や利用者の日報の作成、イベントの案内作成等色々あります。また、こころ塾で取り組んでいる「笑顔増殖プロジェクト」のひとつのポストカードやメッセージカードを作成したり、手作りの本の編集も行なっています。そのポストカードの図柄も利用者さんが書いたもので、始めはこころ塾理事をイメージした猫の絵1種類でしたが、現在は3種類にまで増えています。カードに印刷している言葉も利用者さんがうつ病の回復途中で発したつぶやきや、出会った言葉を題材にして利用者さん自信が作成してくれました。


991通のメッセージはがき
991通のメッセージはがき

先日は、東北大震災の被災者支援のために、こころ塾でリユースパソコンを使用して作成したこのポストカードに愛媛に住む方からの応援メッセージを書いてもらい、宮城県女川町の仮設住宅で暮らされている被災者の皆さまにお届けする取組を行ないました。






メッセージはがき
メッセージはがき

この企画に賛同していただいた愛媛県の皆さまからのメッセージはがきは991通になりました。上は86歳の高齢の方から、下は7歳の小学生まで広い年代の方の応援メッセージがいただけました。








仮設住宅訪問
仮設住宅訪問

こころ塾のスタッフの一人が12月5日~9日の5日間で、集まったポストカードを愛媛県社会福祉協議会の第7回ボランティアバスで直接被災地の宮城県女川町入りました。がれき除去等の活動と並行して、町内外に点在する23ヶ所の仮設住宅と一部在宅のそれぞれの被災者を一軒ずつ訪ね、愛媛のみかんとともにメッセージはがきを手渡すことができました。
いまだ冬の防寒対策工事が続く中の戸別訪問でしたが、皆さんに心から喜んでいただけました。十分なお話の時間は取れませんでしたが、被災地の方と愛媛の方をつなぎ支援の輪を広げる事ができて、心に残る活動になりました。










活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.