オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

現地調査報告~地域主導の森林管理実現に向けて~

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10715

表1:植林実績(各村)
表1:植林実績(各村)

当会では、7月末~9月初旬にかけて、タンザニアでの事業調査を実施した。タンザニアの事業年度は7月から翌年の6月までとなっており、例年このタイミングで前年度の事業評価と新年度の事業計画及び予算の立案を実施している。

現地事業における現在の最重要課題は、活動の主力地であるキリマンジャロ山において実施された、国立公園の領域拡大、すなわち森林保護を目的とした、バッファゾーン(※)からの地域住民排除問題の解決にある。これは過去の失敗の歴史からも、管理強化という一方的な手法では、キリマンジャロ山の森を守ることは出来ないことは明らかだからである。

 (※) 地域住民が生活の維持に最低限必要となる森林資源の利用が認められた森林エリア。

そのためにポレポレクラブでは、(1)法律や条例という政策・制度面アプローチ、(2)地域主導による森林管理という手法・仕組み面でのアプローチ、そして(3)それに取り組もうとする地域住民の自発性・内発的意思を、側面から支えていくためのソフト面でのアプローチを3本柱とした取り組みを行っている。

これらの3本柱について、少しずつではあるが、現地で確実な動き、成果に結びつきつつある。

昨年度、環境保全事業(植林事業)ではもはや不可能とさえ思われていた、国立公園内での地域住民による植林活動の復活(政府承認)に、ついに漕ぎ着けた。これは地域住民の主体的関与がなければ、キリマンジャロ山の森林は守れないということを政府側に働きかけ、その理解と認識に繋げてきた成果といえる。

これにより、昨年度キリマンジャロ山で協力しているそれぞれの地域、苗畑グループによって実行された植林の実績は表1のようになった。

村々との協議では、地域主導による森林管理を確実な流れとして定着させていくためにも、国立公園内での植林に今後も協力して取り組んでいくことが重要であるとの認識で一致した。

さらに今年度は、植林という実行面だけでなく、地域の住民たち自身が政策や制度の新たな構築に関与していけるよう、その理解を助けるための集中研修の実現に力を注いていくつもりである。

また、政策や制度による問題も大きいが、一方でこれまでキリマンジャロ山では、外から持ち込まれた様々なプロジェクト(たとえば森林の持続的管理などを目的としたもの)が「住民参加」の名の下に実施されてきている。しかしそれらのほとんどすべてが、結局は外部者が考えた「出来合いのプロジェクト」や「枠組み」を地域住民に当てはめるだけのもので、現場を見る限り、それがプロジェクトが成功しないもう一つの大きな要因となっていると思わざるを得ない。

ゼロベースで住民自身の意思と協議、そして合意の積み重ねの上に仕組み自体を組み上げ、さらに国も巻き込みながら、森林管理に関わる政策や制度を、その仕組みを保証し後押しするようなものに変えていく努力が、私たち外部者には必要とされている。その実現は容易ではないが、結局はそれが「現場(キリマンジャロ山麓)に根付く森林管理」の実現に至る、一番の近道だと思える。







活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.