オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

国立公園内での地域主導による植林ついに始まる

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10593


 タンザニアでは、4月から6月にかけての大雨季にあわせ、各地で一斉に植林が実施された。そしてこの大雨季植林では、キリマンジャロ山の国立公園内(

かつて住民の利用が認められていたハーフマイル・フォレスト・ストリップ)における、「地域(=村)主導」による植林がついに実行に移された。

 これはキリマンジャロ山の森を、過去の管理強化(住民の追い出し)による森林政策の失敗の反省に立ち、地域のイニシアティブによって持続的に保全、管

理していくことを目指してきた私たちの取り組みにとって、大きな前進といえる。これまでキリマンジャロ山の村々、そして中央・州・県の政府各レベルと地

道に続けてきた協議の積み重ねと、地域主導に対する理解の深まりによって、ようやく実現に至ったものだ。


【写真1(上):地域主導植林について村人たちと協議する】



 今回植林が取り組まれた主力地は、キリマンジャロ東南山麓、標高約1,700mにあるルワ村とロレ・マレラ村の2ヶ所。まず最初にルワ村での植林が口火を切

ったが、ここでの植林には、県知事、県統括官、州水源涵養森林局、県森林局ほか、ルワ村以外からも4村が参加。NGO2団体、神学校も参加した。何より

、地域から参加した村人の数は723名に達した。この数はそのまま、"自分たちの森は自分たちで守る"という、彼らの強い思いの表れだと言って良いだろう



 この植林は多くのメディアからも注目されるところとなり、テレビ局1社、ラジオ局3社、新聞社2紙が取材に訪れた。期間中植林されたのは、Grevillea

Robusta(5,500本)、Pinus Patula(5,500本)、Macaranga Kilimandscharica(500本)、Ocotea Usambarensis(400本)、Cedrela Odorata(500本)、挿し木の

Mitragyna Rubrostipulata(1,000本)の合計13,400本であった。

 ルワ村に続いて、ロレ・マレラ村でも地域主導植林が実施された。こちらでの植林にも村人384人、森林官8名、地元の小学校2校、ロータリークラブか

ら地域代表を含む3名が参加した。植林樹種はPinus Patula(3,000本)、Croton Macrostachys(200本)、Cedrela Odorata(700本)、Trema Orentalis(100本)

の合計4,000本であった。

 現地ではいまも植林が続いている。ロレ・マレラ村に続いて、オールドモシのキディア村が植林に入っており、その後テマ村、モヲ村と続く予定である。こ

の大雨季の植林総数は2万本から2万5千本に達するだろう。





【写真2(右):植林前のルワ村植林地の様子】

 
 
 
 
 
 




【写真3(左):植林に集まってきたルワ村の村人たち】

 
 
 
 
 
 




【写真4(右):ルワ村での植林の模様】

 
 
 
 
 
 
 
 




活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)


メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.