オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

地域主導の森林管理の実践事例の調査を実施

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10241


キリマンジャロ山の森林を守り、地域住民の生活を守るために、当会は地域主導による森林管理の実現が必要だと考えている。そしてその実現を図るために必要な取り組みとして次の4つを掲げている。(1)緩衝帯にまで拡大適用された国立公園の押し戻し、(2)地域主導による森林管理の仕組み作りと体制構築、(3)その法制化、(4)地域住民の森林保全に対する内発的意思の側面支援。

この4つのうち4番目の課題は、事務局アルバイトが業務ミッションとして取り組んでいることである(詳しくは当会ホームページ  http://polepoleclub.ld.infoseek.co.jp/civic_activities.html を参照)。同時に、現地の村人たちに地域主導による森林管理の実例を見てもらい、現場で学んでもらうことも、彼らの森林を守る/守れるという意識を強化し、後押しする大きな機会となる。

【写真上:SULEDOで森林管理を担う村のリーダーたちとの打ち合わせ】


そこでタンザニアにおいてその先進的事例である「SULEDOプロジェクト」(アルーシャ州キテト県)の視察調査を、TEACAのリーダーとともに実施した。“SULEDO”はプロジェクトの中心となっているSunya、Lengatei、Dongoの3つの区の頭文字を取ったもので、その中の9つの村が連合して統一的な森林管理を行っている。


SULEDOにおける森林管理はタンザニアの森林管理制度上“CBFM”(Community Based Forest Management)と位置づけられるものであるが、その実現に至るプロセス及び管理実践のあり方は、まさに上記の4つの課題を一つ一つ住民たちがクリアしていった結果ともいえるものであり、私たちが予想していた以上のものであった。


自らの森林管理に寄せる彼らの自信と誇りは、「私たちは100%グラスルーツだ」と言い切るその言葉に集約されていた。対象となる森林面積や気候、住民の生活体系などが異なることから、キリマンジャロ山の森林管理とSULEDOの実践例をそのまま一律に見ることは出来ない。しかしキリマンジャロ山の村のリーダー、村人たち、そしてそこを管轄する政府の森林部局関係者にとっても、SULEDOでの取り組みには学べることが山ほどあると思われた。


そこで当会では今年度、これらの関係者すべてを対象として、SULEDOプロジェクトへの研修を行う予定である。







活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.