オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

映像制作-メコン河の恵みを通して語る環境変化-

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10224


 メコン・ウォッチは、東南アジアを流れるメコン河流域で起きている環境・社会問題の改善に、調査や政策提言、情報発信という形で取り組んでいます。その一環としてラオスでは、環境問題に関するドキュメンタリー制作を行っています。目的は、映像による現地の人々の自然資源利用の記録の蓄積と環境問題の啓発、環境保全のための提言の事業です。
 ラオスには各県に国立テレビ局の支局がありますが、予算や人材に非常に限りがあり、十分に制作を行えていない現状があります。この事業では、現地プロダクションと協力しラオス17県のうち6県の局と活動しています。
 具体的には、各県のテレビ局が地域毎にテーマを設定し、メコン・ウォッチと現地プロダクションがその制作にアドバイスを行い、現地で編集後に県のネットワークで放送するというものです。また一部の作品は、現地プロダクションとメコン・ウォッチが制作しています。



 2009年度には、世界遺産になった町、北部ラオスのルアンパバンで、メコン河で採取される川海苔について、また南部のアタプー県では、河川と人々の暮らしについてのドキュメンタリーを制作しました。両者ともに、最近の開発の影響で環境や生態系の劣化が起こり、それが人々の生活に影響している、ということを取り上げています。
 これらの作品は、両県だけでなく他の4県でも放送されました。また、ビデオCDに収めラオス国立大学やラオス政府やNGOが運営する児童館などに寄贈しています。ビデオCDは、学生や子供たちを対象とした環境教育に活用されています。

 ルアンパバン県での取材からは、観光化が進んでメコン河の水質汚染が深刻化していることも明らかとなりました。同県スタッフと私たちは引き続き、この問題を映像化する作業に取り組んでいます。

 川海苔についての映像は、英語と日本語字幕版をそれぞれ作成しました。英語字幕版は、隣国タイの大学やNGOに配布し、セミナーなどで利用されています。日本語版は「人々の生物多様性」や、「映像とお話でつづるメコンの今-いのち輝くメコンの流れ-」と題してメコン・ウォッチが開催した連続セミナーで紹介しました。今後はウェブ上でも公開する予定です。






活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.