オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

ブナなどの広葉樹植林活動

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10182


クマゲラの棲む森づくりを掲げ、ブナ等の広葉樹の植樹活動を展開して今年で、17年となりました。ブナの種から拾い、苗木として成長させその苗木を山に戻すという単純作業ですが、ブナの実は毎年なりません。6年~7年の周期で結実しますが、平成17年以降凶作が続いており、植林活動を行う若木が手に入らない状況が続いております。私どもは平成17年に確保した苗木が、まだあり、在庫管理をしながら毎年実施される植樹活動にあてています。

今回、この基金を通して、苗床の管理に使わせて頂きました。毎年秋になると苗木は、冬眠の為に寝かせる作業を行います。一端掘り起こした苗木を斜めに置き、土をかぶせます。他のコナラ・ミズナラもこの作業をしないでおくと、雪の重みで苗木の枝が折れたりして使い物にならない苗木がかなりでます。私どもは冬期間も苗木が、雪の重みで、枝がおれそうになっていないか管理して、春の雪解けには無事に苗木が真っ直ぐ立っているようにしております。今年もまた、その春が巡ってきました。
【写真上】ブナの根切れ作業



最近の地球環境の悪化が叫ばれ、森の持つ二酸化炭素の吸収源としての森の効用が知勇目されておりますが、日本の森はまだまだ健全な森とはなっておりません。長年、野放し状態が続きあれ放題の状況です。世界の注目を浴びる白神山地から森を守る活動の展開を日本国中の森を守る活動へと全国展開していけばという願いを込めて活動を展開することができました。
【写真右】ブナの種ひろい

今年は6年ぶりにブナの開花が期待されており、秋には結実されるものと思っております。今後も地道な活動ですが、皆様のお力を得ながら活動を展開していきたいと考えております。ご支援ありがとうございます。






活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.