オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

フリースクールでの活動レポート

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10131


東京シューレサポーターの皆さま、毎月のご支援、誠にありがとうございます。
フリースクールも3月が年度末となっており、2009年度も20名程の子ども・若者が旅立って行きました。

【写真上】100320旅立ち祭

その門出を祝う「旅立ち祭」は、子ども中心の学びの場らしく、子どもたちが企画し進行して開催されます。今回の旅立ち祭で子どもたちが掲げたテーマは「めでたいわ」。

「めでたいわ」の”わ”には、「輪」「和風」「和やか」など、いろいろな意味が込められており、当日の会場の装飾も和風にディスプレイされました。たがいに不登校経験を持ち、さまざまな辛い経験を経て出会った仲間たち。その仲間の輪を確かめ合い、これからもつながり合いつつ、新たな道を歩む卒業生を祝福しました。

フリースクールの”卒業”は、自分で決めた時。旅立つ人も年齢さまざまです。4月から大学に入って子ども学を専攻する人、就職して社会に出る人、高校に進学する人、フリースクールがつくった東京シューレ葛飾中学校へ進む人、しばらくのんびりしてから進む道を考えようという人・・・・。

皆さまからのご寄付は、フリースクールでの子ども中心の諸活動実施のために活用させていただいてきております。不登校の子どもの数は、2009年文科省発表では中学校で過去最高の比率で、35人に1人の割合でした。学校外のオルタナティブな教育がますます求められる時代であると思います。

一方、高校無償化で教育支援の充実が決まりましたが、フリースクールの高等部は対象外。不登校で中学を卒業し、高校進学せず家庭で学んだり進学準備をしている子ども達にも支援がない状況です。

不況の中、親の失業や経済的困窮に見舞われる子どもたちも増えてきています。政策的支援を引き続き求めているところですが、時間がかかります。そこで、東京シューレでは「東京シューレ奨学基金」を創設し、生活保護世帯や一人親世帯の子どもでもフリースクールに通えるよう自前の努力を開始しました。

この「東京シューレ奨学基金」は、市民や企業の皆さまからのご寄付を主な財源とし、フリースクールの学費減免を実施しています。

引き続き、みなさまはじめ、多くの方々からのご支援をどうぞ、よろしくお願いいたします。





【写真中】100217スキー合宿
毎年恒例でスキー合宿に出かけています。フリースクールだけでなく、ホームエデュケーションの子どもや家族、一緒についてきてくれた2歳のお子さんやおばあちゃんなど、さながら大家族のようです。





【写真下】091001いろいろタイム
子どもミーティングで週1回の体験活動が決まります。写真は「養蜂場見学」。と、言ってもただの養蜂場ではありません。東京大都会、銀座のど真中にあるビルの屋上にある養蜂場。「銀座ミツバチプロジェクト」の皆さまにご協力いただきました。なぜ銀座で養蜂!?養蜂を始めたきっかけは?その中で気づいた環境への想い、蜜蜂の生態などなど、いろんな事を聞かせていただきました。最後はもちろん美味しい蜂蜜の試食も…。





活動レポート

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.