オンライン寄付サイト Invest in the Future

レポート情報

「国立公園法」の目に見えぬ1本の線

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10019

写真1
写真1

 写真の文書は、2005年9月16日にタンザニア政府によって公告された「国立公園法(補助法)」である。この補助法は、キリマンジャロ山の南山麓から東山麓(モシ県からロンボ県)にかけての、キリマンジャロ国立公園の境界線を再定義したものである。この法律によって引き直された目に見えぬ1本の線が、いま山麓に住む村人たちを苦しめている。



 キリマンジャロ国立公園は、1973年に標高5,895mある同山の、標高2,750m以上の部分を対象として設定された(国立公園としての正式なオープンは1977年)。

 同山には、国立公園設定に先立つ1921年に、当時の宗主国であった英国(植民地政府)によって、キリマンジャロ森林保護区が設定されていた。さらにその20年後の1941年、同じ植民地政府によって、地域住民の森林資源利用の便宜を図ることを目的として、一種のバッファゾーン(緩衝帯)としての「ハーフマイル・フォレスト・ストリップ(以下HMFS)」)が設定された。
 


写真2
写真2



 新たに定義された国立公園の境界線は、このバッファゾーン、HMFSを飲み込んでしまった。さらにこの境界線の引き直しにともなう管轄組織の組み替えと、その住民への無理解が、村人たちをさらなる窮地に追い込んでいる。


 世界遺産にも登録されているキリマンジャロ山と、そこに存在する自然の貴重さについては論を待たない。国立公園法はもちろんその貴重な自然を守るためのものである。しかし果たして「法」は自然を守れたであろうか?これまで巨大なキリマンジャロ山を覆うように、幾度となく被されてきた法の網。しかしこの半世紀の間に、その森は3割近くも(推定)失われてしまった。その歴史はいったい何を物語っているのだろうか?


 まるで1枚の紙にハサミでも入れるように、自然の貴重さや森林の保護だけを他から抜き取り、切り離しても、キリマンジャロ山の森は守れない。村人たちの窮状と失意の中に、いままた繰り返されようとする歴史の過ちが見えてくる。




 この境界線の見直しは、森林からの強権的な住民追い出しを伴っている。当初HMFSの管理は住民の手に委ねられており、彼らは自らその持続的利用を図るためにルールを作り、それを守ってきた。また、その後管轄権が政府に移ってから今日に至るまで、もっとも植林が進んだのも、村人自身に管理が任されていたこの時期であることが知られている。法による住民の排斥は、かえってコントロールの利かない不法伐採がはびこる無法地帯を生み出しただけで、それが今日のキリマンジャロ山の森林破壊を呼び込む結果ともなっている。


 タンザニア・ポレポレクラブではこのような政府の措置に対し、地域住民の声を政策決定サイドに届けられる仕組み作りに取り組む予定である。とくにこのHMFSについては、国連開発計画(UNDP)管轄下の、「住民参加型保護区管理プログラム」の試験対象地としてかつて選定されたこともあり、そのプロジェクト管理のための協議体であるLCB(Local Consultive Body)との関係強化を図るつもりである。


 また、失意の底にある地域住民に対しては、森林をもっとも守ってきたのは彼ら自身である事実を、史実を通して理解できるようにし、自信を取り戻してもらうとともに、彼らの農耕システムに組み込まれている森林の役割とその重要性を、彼ら自身が再評価できるようなプログラムの作成に取り組む予定である。そのことによって、ただ政策を押しつけられるだけでなく、住民サイドから確かな根拠ある、強い声を発せられるようにしていくつもりである。





活動レポート

2013/05/19

Umba stone

2011/12/04

水(みず)

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.