オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

アフガニスタン・ぶどうプロジェクト

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=160
団体名 特定非営利活動法人CODE海外災害援助市民センター
内容 長年の紛争によって被害を受けたアフガニスタンのぶどう畑の復興支援プロジェクトです
受付 1,000円 ~ (2005/12/22
活動地域 アジア

 アフガニスタン・ぶどうプロジェクトは、同国首都カブールの北方、ショマリ平原にあるミール・ バチャ・コットの4つの村に住む288世帯を対象に、2003年6月に始まりました。
 従来このあたり一帯は、アフガニスタン有数のぶどうの産地として有名なところでした。しかしタリバンと北部同盟の最後の激戦地となり、タリバンは住家を破壊しただけでなく、生活の糧であるぶどう畑も焼き討ちにしてしまったのです。

 CODEは2003年6月、この地域の人々の生活再建を目指して、日本の支援者が拠出したお金で「ぶどう基金」を設立しました。基金は現在、地域の人たちが中心になって運営しています。1年目は、「シューラ」と呼ばれる村の評議会の話し合いにより、特に支援を必要としていた288世帯にお金を融資しました。融資を受けた世帯は水や肥料、苗、労賃など、それぞれの必要性に合わせてお金を使い、畑を再建しました。

 そして1年後の秋、ミール・バチャ・コットの畑に美味しいぶどうが実りました。収穫したぶどうを販売した農家から融資額の半分が返却され、それを元に新たな家族への貸し出しがなされました。このような個々の返済の積み重ねにより「ぶどう基金」は少しずつ利用者を増やし、2010年4月には480世帯が利用するまでになりました。

 なお、CODEでは2007年からの3年間、JICAの草の根技術協力事業として毎年1回の農業技術研修を行い、アフガニスタンからの研修生が兵庫県佐用町および山梨県でぶどう栽培について学びました。国に帰った研修生が学んだ技術を村に伝えて様々な工夫を行っていることも、ぶどう畑再建の強力な後押しとなっています。詳しくはCODEのホームページ(下記)で随時紹介しております。
  (http://www.code-jp.org/disaster/afgr/index.html)


 今後もより多くの農家が基金を利用して生計手段を向上できるよう、引き続きご支援をよろしくお願い致します。

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプについてはこちら


プロジェクトの焦点
・地域社会や家族といった個人を支える環境や仕組みの再構築・向上など
対象とする直接の受益者
・直接の受益者は限られているが、事業・サービス・政策等のイノベーションを意図している
社会に与える変化
・問題の解決・解消に結びつくことを目指している。
寄付者メッセージ
平和を実現するためには、アフガニスタンのような紛争地域に住む方々の生活が保障されなければなりません。少しでも早くアフガニスタンの方々が豊かに安心して生活していけるように、活動をがんばってください。心からこのプロジェクトの成功を祈念しております。
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.