オンライン寄付サイト Invest in the Future

みらいの森 サマーキャンプ

子どもたちがキャンプ場に到着。テントに案内される。

子どもたちがキャンプ場に到着。テントに案内される。

  • 子どもたちがキャンプ場に到着。テントに案内される。
  • キャンプ場内を散策する。
  • 第2回目ミーティングの様子です キャンプスタッフからその出身国の文化などを学ぶ。
  • チームに分かれてゲームをし、仲間との絆を深める。
  • ハイキングも、チームの仲間と一緒。
  • 沢登りでは、助け合ってゴールを目指す。
  • クライマックスは、滝の上からのジャンプ!!
  • キャンプでは食事づくりも手伝います。
  • 名残惜しいキャンプ・ファイアー。
  • 長く、楽しいキャンプを支えた、キャンプスタッフ。

NPOみらいの森は、児童養護施設で暮らす子どもたちが、社会で幸せに暮らしていくために必要なスキルや考え方を、アウトドア体験を通して学べる活動を運営しています。 現在約3万人の子どもたちが児童養護施設で暮らしています。その6割は虐待経験があり、自信や自尊心を持てないなど課題を抱えています。私たちは、そうした子どもたちが、「生きる力」を身に着け、自分の道を自分の力で切り拓けるように、支援していきます。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
現在、日本では約3万人の子ども達が、約600の児童養護施設で暮らしています。また、入所している子どもたちの約6割は虐待を経験している子どもたちです。そうした子どもたちは、いまだに世間からの偏見や不十分な支援と限られた世界の中での生活を強いられています。
さらに、児童養護施設の子どもたちは原則18歳で、高校卒業と同時に施設を退所し、まだ経済力がない中、衣食住すべての自立が求められます。かれらの中には、退所後に激変する日常の生活をやりくりする基本的な知識が身についておらず、自分に自信がなく自尊感情を持てない、コミュニケーション能力が低い、周囲の人とうまく関係を築けない等の問題に直面することになります。
そのような子どもたちに待っているのは、将来性のない職業、ワーキングプア、ホームレス、風俗業との関わりなど、決して明るい未来とは言えません。

【解決する方法】
NPOみらいの森は、活動のひとつとして、8月に宮城県のキャンプ場で、4泊5日のサマーキャンプを行います。
キャンプは、期間中に3セッション、計105人のキャンパー(小・中学生)、12人のリーダー実習生(高校生)、21人の引率職員をご招待する予定です。
キャンプでは、大自然を活用したチーム競技や、沢登り、キャンプファイヤーなど多様なプログラムを行います。
キャンプを支えるキャンプ・スタッフは、毎年多様な国々の出身者が参加します。昨年は、10ケ国から参加しました。キャンプ期間中には、キャンプ・スタッフから直接、それぞれの文化や言葉などを、子どもたちが学ぶ機会を設けています。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
児童養護施設に暮らす子どもたちが、キャンプを通じて「生涯の糧」となる体験をし、社会に出てからも自分に自信を持ち、仲間や周囲の人たちと助け合いながら、様々な問題を克服し、活躍できるようになることを、このプロジェクトの長期的な成果として期待しています。また、その結果、彼らが「負の連鎖」を断ち切って、経済的に自立した大人として社会の中で生きていくことができるになることも期待しています。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
初参加のキャンパーより(小学3年生)
みらいの森、ありがとうございました。いろんなアクティビティがあってたのしかったです。とくにたのしかったのが沢登りです。大ジャンプで最年少だったのでうれしかったです。さいしょはこわかったけど、COURAGEをだして飛べてうれしかったです。たくさん友達ができてよかったです。

初参加のキャンパーより(小学6年生)
みらいの森に招待してくださりありがとうございました。とっても楽しかったです。いろいろなことが学べたし友達もできたのでよかったです。私は変わったことがあります、それは勇気を出してチャレンジできるようになったことです。同じチームのさゆり、アナ、こずえ、はるか、ジェフたちがいてよかったです。本当にありがとうございました、またきます。

初参加の引率職員さん
以前に参加した児童と職員から「とにかく楽しい!」と聞かされていましたが、参加して見てそれが実感できました。施設では見られない子どもたちののびのびとした姿に、これが本来の彼らなんだと感動させられました。彼ら、素敵でした。また、みらいの森の成り立ちにも感動しました。まいた種が確実に実を結びつつある。これだけ評価され続けてい るNPOはそんなにないでしょう。やはり素敵です。今回の参加で、個人的には積極的な動きがとれず、子どもたちとの関わりも少なくなってしまったなと反省しているところです。これが自分の課題だとわかってはいたのですが。でも励ましの言葉をたくさんもらえたので、それを今後のエネルギーにしていきます。

【寄付によって達成できること】
1,000円あれば、サマーキャンプの思い出  T-シャツ1枚分になります。
6,000円あれば、サマーキャンプ中の食事1人分になります。
10,000円あれば、キャンプファイヤー1回分になります。

今年度のプロジェクト予算額9,000,000


活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人みらいの森
募集期間 2020/01/06
活動地域 北海道・東北
関東

プロジェクト担当者

Give Oneを通じて、新たに多くの方々からご支援をいただくことができました。本当にありがとうございました。これからも、地道に活動を続けるために、皆様の継続的なご支援をよろしくお願いいたします。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.