オンライン寄付サイト Invest in the Future

【緊急】台風19号被災者支援

避難所となっている長野市立古里小学校(長野県)にて、炊き出しを行うAAR緊急支援チームで理事の加藤勉(NPO法人ピースプロジェクト代表)

避難所となっている長野市立古里小学校(長野県)にて、炊き出しを行うAAR緊急支援チームで理事の加藤勉(NPO法人ピースプロジェクト代表)

  • 避難所となっている長野市立古里小学校(長野県)にて、炊き出しを行うAAR緊急支援チームで理事の加藤勉(NPO法人ピースプロジェクト代表)
  • すっかり泥に覆われてしまった道路。泥に埋まったり、陥没や土砂崩れなどであちこちが交通止めに(宮城県丸森町、日付はすべて2019年10月18日)
  • 流されたまま撤去されていない車両。水位の高さや水の力の強さをまざまざと感じさせる(宮城県丸森町)
  • 「元はここはネギ畑でした」。まるで水路のようになってしまった就労支援施設「大郷ファーム」のネギ畑(宮城県大郷町)
  • 廃校になった小学校の校舎を利用して障がい児の放課後等デイサービスを行っていた一般社団法人めるくまーる。1階にあった備品はすべて使いものにならない(宮城県大郷町)

AARでは10月14日より、深刻な水害被害が広がる長野県、茨城県、栃木県、福島県、 宮城県を中心に順次緊急支援チームを派遣し、被災状況の調査と、支援物資の配付を行いました。行政や福祉施設、他の支援団体など日頃から培ってきたネットワークを活かしながら、 障がいのある方々などより厳しい状況にある方々に、支援を届けてまいります。

このたびの台風19号により亡くなられた方々、被災された皆さまに、衷心よりお見舞い申し上げます。

10月12日夜に伊豆半島に台風19号(ハギビス)が上陸して10日が経ちました。記録的な大雨と暴風は、10月20日時点で死者68名、重軽傷者約400人、家屋被害は3万件を超える甚大な被害をもたらしました。未だ4,000人が避難を続け、78,000戸以上で断水が続いています(内閣府非常災害対策本部)。AARは10月13日からNPO法人ピースプロジェクトと共同で炊き出しを実施し、14日からは被害規模の大きい長野県、北関東(栃木、茨木)、東北(福島、宮城)の3地域にそれぞれ緊急支援チームを派遣、調査と物資配付を行ってきました。10月18日、宮城県の被災地で活動した、AAR緊急支援チームの鎌田舞衣からの報告です。

【未だ全容のみえない被害】
大雨と暴風による被害は、ニュースから想像される規模をはるかに超えていました。私は福島県郡山市から宮城県に向かいましたが、川の水の氾濫や土砂崩れで通行止めの道路も多く、何度も別のルートを探しながらの被災地入りとなりました。現場に着くと、津波に襲われたかのように、基礎部分を残して全て消失してしまった家屋、道路のアスファルトがすっかりはがれ未舗装の様相を呈した道路、土砂や流木などによって道路そのものが埋まってしまっている箇所など、各地で目を疑う状況が広がっています。通行止めのためにチームがまだ入れていない地域もあり、実際の被害はさらに大きいものと想像されます。

【緊急性の高い福祉施設の復旧支援】
台風の直撃から1週間となる10月18日、AARは大規模に断水の続く宮城県丸森町と大郷町で活動を行いました。すっかり変わってしまった町の様子に加え、飲み水はもちろん、トイレやお風呂もままならない日々がこの後さらに1ヵ月は続くとも言われる中、被災した方々は明らかに疲れ切っているご様子でした。AARは主に福祉施設で被災状況と支援ニーズを伺っていますが、職員の方たちは「1日も早く活動を再開して、障がいのある方たちが施設に戻れるように」と奮闘を続けてらっしゃるものの、ご自身も被災しながら休みなく働いておられ、表情から疲弊は隠しきれません。
大郷町の就労支援施設「大郷ファーム」は吉田川の氾濫により、収穫間近だった川沿いの広大なネギ畑がほぼ全滅してしまいました。18名の利用者は無事だった畑で作業を再開しているとのことですが、年間の収穫量の半分を占めていた畑を失った打撃は計り知れません。
災害時、福祉施設の復旧支援は緊急とみなされにくいこともありますが、障がいのある方やご高齢の方が施設を利用できないことで、障がいや持病が悪化することに加え、家族もケアのために家を離れられず、片付けや仕事、あるいは支援物資の受け取りなどにも行けないという状況が続いてしまいます。さらに、一般的な支援物資だけでは個別のニーズに応えきれず、食糧は届いていても食べられない、毛布はもらえても健康を保てない、ということが起こっています。
こうした理由から、AARでは災害時は特に福祉施設を重点的にまわり、支援を提供しています。また、できる限り早い段階で、施設の復旧支援を始めるようにしています。

【支援ニーズはこれから明らかに】
一方、こうした被害の大きさが、逆に支援を求めづらくしている面もありました。町内のある施設の方は、床上浸水により使用できなくなった備品がいくつもあり、いまも断水が続く中で、「もっと大変なところはたくさんありますから」と、決して支援を求めようとされませんでした。大規模な災害時には、周囲との比較から、あるいは助けてもらうのは申し訳ないという気持ちから、実際には大きな被害を受けながら支援を求めるのを控え、ぎりぎりまで耐えようと無理を重ねてしまわれる方たちもおられます。また、すぐには何から支援を求めたらいいのかわからない、ということも少なくありません。AARは今すぐに必要な物資を提供するとともに、被災された方々にいつでも安心して困りごとをお話しいただけるよう、定期的に訪問するなどしています。AARでは対応できないことがあれば、行政や他の団体とのネットワークにも協力を仰ぎながら、確実に支援につなげるよう努めています。

いまも緊急事態が続いておられる方が多くいらっしゃり、復旧・復興の道のりもまだこれから始まります。支援はこれからますます必要とされます。すでに多くの皆さまにご協力いただいておりますが、引き続きのご寄付を、どうぞよろしくお願いいたします。



活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人難民を助ける会
募集期間 2019/10/24
活動地域 北海道・東北
関東
甲信越・北陸

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.