オンライン寄付サイト Invest in the Future

ベトナム歯科技工支援~健康な歯で快適な食生活を~

あと284日
ベトナムの歯科病院で歯科技工技術者に指導する日本の歯科技工士

ベトナムの歯科病院で歯科技工技術者に指導する日本の歯科技工士

  • ベトナムの歯科病院で歯科技工技術者に指導する日本の歯科技工士
  • 歯科技工ベトナム国際セミナー日越主催者一同
  • 初めて日本の歯科技工をベトナムへ紹介したベトナム国際セミナーの全体風景
  • 日本人専門家によるベトナム歯科技工所の視察
  • ベトナムの歯科技工所で補綴物を制作するベトナム人研修生

○ベトナムで歯科技工技術者を養成するための日本人歯科技工士によるトレーニングコースの開設 ―講義と実習―
○ベトナムで近代的な歯科技工所を設置するための日本標準の歯科技工所の設計を提案

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
現在、ベトナムでは歯科技工士という国家資格はなく、従ってそのための人材養成機関もありません。
街中の歯科技工所での職業訓練による経験の積み重ねで仕事をしているというのが現状です。
基礎教育がなされていないため包括的な歯科技工に関する応用発展が難しく、歯科医師との連携も不十分になりがちです。
また、効果的かつ効率的な設計に基づく歯科技工所が少なく、古い歯科材料や旧式の歯科技工関連機器が使用されており、それらの近代化が急がれています。

【解決する方法】
<ベトナムの歯科技工技術の向上に資する日本人専門家による人材の育成>
○研修生の対象: ベトナムの歯科医療機関及び街中の歯科技工所で従事している現職の歯科技工技術者。
○トレーニングの場所: ベトナム国立中央歯科病院
○研修カリキュラム: ベトナムの歯科ニーズに合わせて日本側で作成

<最新の歯科材料・機器を配備した歯科技工所の設置>
日本の歯科技工士養成大学やメーカーが作成した歯科技工所設計図を参考にベトナム国立中央歯科病院へ提案し、病院内に歯科技工所を設置してもらいます。
そこへ最新の歯科材料と技工物を制作するための日本製の歯科技工関連機器を配備します。
これらによって近代的な歯科技工所が機能するものと見込まれます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
元気な歯で美味しく食事をしたい。それは私たち人類共通の願いです。この願いが実現できます。
自分の歯に変わる差し歯や入れ歯など、いわば「第2の歯」を作れる高度な日本の歯科技工技術が導入されるからです。
最近の研究では認知症の予防にもつながることが期待されており、健康な食生活と豊かな老後が楽しめます。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
〇 ベトナムで歯科技工士会を設立してほしい 
〇 アジア太平洋地域歯科技工士連盟協議会へ加入したい 
〇 最新技術へアップグレードしたい 
〇 歯科技工士のトレーニング研修センターを設置してほしい 
〇 最新の歯科技工機材を導入したい
〇 日本で歯科技工の研修を受けたい

【寄付によって達成できること】
○50万円あればベトナムの歯科技工技術者へのトレーニングコースが1回開催できます。
○30万円あれば咀嚼能力を高めるための噛み合わせが調整できる咬合器が3台買えます。
○20万円あればベトナムで8月に開催される世界歯科学会で日本の専門家による講演が実現できます。

今年度のプロジェクト予算額300万


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 公益財団法人国際医療技術財団
募集期間 2019/05/012020/02/29
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

本プロジェクト担当者 公益財団法人 国際医療技術財団 理事長
日本の高度な歯科技工技術と最新の歯科材料を駆使する日本歯科技工は、子どもの食生活を活性化させて健康寿命を延ばし、日常会話を円滑にして活力ある高齢社会を迎えることができます。
是非暖かいご支援をお願い申し上げます。
(公益財団法人 国際医療技術財団 理事長)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.