オンライン寄付サイト Invest in the Future

障害のある人と新しい働き方をつくるGood Job!プロジェクト

あと1072日

障害のある人と協働し、アート・デザイン・ビジネス・福祉の分野を超えて、新たな仕事と働き方の仕組みをつくる試みです。障害のある人のアートをいかした魅力的なプロダクト、伝統産業や地場産業など地域と福祉の協働からうまれる仕事など、既存の労働観にとらわれないユニークな活動が国内外で生まれています。その活動をひろげて深めることが、より多くの人たちの生き方の選択肢をつくり出すことにつながります。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
一般的に障害のある人の所得は低く、単純労働など仕事の選択肢が少なく、“働きがい”や“生きがい”といった労働の尊厳が感じられにくい課題があります。また、社会の変化にともなって価値観が多様化し、ライフスタイルが大きく変わりつつあるなか、誰もが誇りをもって働くことができる仕組みや社会のあり方が求められています。まだ良い事例が社会で共有されていないという課題も(なのでリサーチして広める必要があります)。

【解決する方法】
新しい働き方をつくるヒントは、障害のある人との協働のなかにあります。その活動を発信することで、福祉の垣根を超えて、社会の労働観を変革していくことをめざしています。具体的には、活動を紹介する展覧会「Good Job!展」や学びあう「Good Job!セミナー」を開催します。また公募プログラム「Good Job! Award」を実施して先駆的な活動を発見・発信します。(活動の意義を深める、具体的にネットワークが生まれる、メディアに取り上げられひろく伝わるようになる、などの効果も。)
さらに、これからの働き方つくる個人・団体をつなぐイベント「Good Job! CAMP」を開催し異分野の実践者たちがつながる機会をつくります。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
Good Job!プロジェクトの長期的成果は、展覧会やセミナーそのものだけではなく、その先にある「関係づくり」にあります。展覧会の出展者は、農業や伝統工芸といった産業視点、日々の暮らしに大切な製品や道具を開発する生活視点、仕組みやシステムを考える社会視点、一人ひとりの所得や働きがいをつくる個人視点など、多角的に働き方にアプローチしています。それらが展覧会やメディアを通して社会に伝播し、各地域で独自の動きが生まれるきっかけになります。さらに関係をつくることは、活動を紹介する人・場所が増え、共同で活動することもでき、継続的で持続可能な発展につながります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
展覧会やセミナー等に参加された人たちから以下のような声をいただいています。
●展覧会に来場した人から後日連絡がはいって次の活動につながったり、メディアからの取材がありました。
●福祉施設から「私たちの施設でもできるだろうか」と問い合わせがあり繋がりをもつことができました。
●周りの人、とくに地元の人たちが、自分たちの地道な活動が対外的に評価されたことに驚きと喜びがあった。「受賞おめでとうございます」と地元企業の人から声かけがあったり、福祉施設の人たちも自分でつくっているものが展示されているということでわざわざ見にきてくれました。
●起業ノウハウセミナーは世の中にたくさんあるけど、「よりよく生きる」「働く」を問うこと、クリエイティブを刺激する環境、「売る」「始める」まで、多角的に話が聞ける機会があってよかった。
●地域で仕事を作っていくということを考えていたので、自分のニーズにマッチした内容でした。また機会があれば参加させて頂けたらと思います。

【寄付によって達成できること】
50万円あれば、100人規模のセミナー等イベントを開催し、
200万円あれば、これまでのGood Job!展の巡回展を開催することができ、
500万円あれば、Good Job! Award を実施して展覧会で発信することができます。

今年度のプロジェクト予算額5,000,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 一般財団法人たんぽぽの家
募集期間 2019/01/012022/03/31
活動地域 日本全国

プロジェクト担当者

障害のある人の存在や発想を起点に、既存の価値観にとらわれない表現や仕事が生まれています。アートを通した社会参加と仕事づくりの経験をいかし、誰もが自分を最大限に表現できる仕事・働き方をつくっていきます。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.