オンライン寄付サイト Invest in the Future

ひきこもり等の自主的地域家族会立上げ定着応援事業

家族会事務所:事務所風景です。

家族会事務所:事務所風景です。

  • 家族会事務所:事務所風景です。
  • 当事者が資金調達の為に、作成したハガキ
  • 本プロジェクト主担当の大橋と市川
  • プロボノの方とのミーティング風景

ひきこもり等の生きづらさを抱えたご本人、家族、兄弟姉妹等が、早期発見・予防、各々家族が望む生き方を実現していく為には、家族と地域社会の架け橋となるために、きめ細やかなサポートが出来る基礎自治体(市区町村ごと)に「地域家族会」が必要不可欠です。但、各種制度の狭間にある本活動は、公的資金等のサポートを得づらく、皆さんのお力添えが必要です! よろしくお願いします。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
わたし達が解決したい社会課題は、“社会的孤立無援(縁)状態の解消”と “大人の生きづらさ(高年齢化)の予防”です。ひきこもり等の生きづらさを抱えたご本人とその家族は、福祉・医療・就労等の行政サービスの枠からもこぼれやすく、また社会的孤立無援(無縁)状態かつ公的扶助活用予備軍に陥るリスクが高く、世間体や社会的偏見・周囲からの目線が壁となり、地域社会との関係性を上手く構築することが出来にくく、その結果、地域社会での日常生活を営む上で、多様かつ複合的な課題を抱え、家族丸ごと支援を求める声(SOS)も発することも出来ず、地域の中に埋没し課題未解決のまま、8050問題、7040問題、都内地域によっては、9060問題といわれ、マスコミ等でも取り上げられるようになった「ひきこもり等生きづらい状態の多様・長期・高年齢化(親亡き後対策問題)」として、ここ昨今特に増加傾向になりつつ、社会問題化してきている。また、上記の状態にならないように、早期発見・対応が出来るよう社会啓発並びに支援体制整備も急務となっています。

【解決する方法】
当法人が、事務局を担っている「ひきこもりの地域家族会連絡協議会(東京)」の活動と今までの活動実績を活かして、東京都内の基礎自治体ごとに立ち上がった自主的な地域家族会の当事者と地域社会の架け橋となるために、相談会や居場所等の事業サポートを通じて、①支援対象者の孤立の防止、②生きづらさに寛容な地域づくりを行うことによって、誰もが社会的孤立無援(縁)状態の解消(自分の所属先を持ち、自分らしい生き方の実現)と 大人の生きづらさ(高年齢化)の予防をしていきます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
・生きづらさに寛容になり、誰もが所属先を持ち、自分らしく生きれる地域社会になる。
・自己肯定感等が快復し、もう一度社会と繋がろうという気持ちがわいてきて、自らの生き方等を模索するようになる。
・社会保障費の削減、活気・地域力のある地域の復活。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
・何時間も自分の話を聴いてもらえ、居場所が出来たと感じた。今は家族会が自分のいたい居場所!
・家族会に参加するようになって、子どもに『変わった?』と言われたのが、うれしかったですね。
・家族会では、何を話しても否定されません。安心して話せるし、話すことで人と繋がることが出来ました。
・地域家族会につながることが出来、自分の生き方を考えることが出来た。

【寄付によって達成できること】
1地域年間20万あれば、安定的に地域家族懇談会を開催することが出来、生きづらい状態にある本人、家族の孤立防止が出来ます。

今年度のプロジェクト予算額2,160,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人楽の会リーラ
募集期間 2018/12/10
活動地域 関東

プロジェクト担当者

皆さん、こんにちは! 初めまして。プロジェクト担当大橋です。私自身も生きづらさ5冠王(不登校、ひきこもり、障害、家族との確執、就労の困難さ)の当事者でもあります。 生きづらさ支援は「社会投資です!」 誰もが生きやすい社会づくり、ぜひ応援してください。よろしくお願いします。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.