オンライン寄付サイト Invest in the Future

インドネシア・スラウェシ島地震 緊急救援プロジェクト

シャンティ職員が被災者に必要な支援について聞き取っている。

シャンティ職員が被災者に必要な支援について聞き取っている。

  • シャンティ職員が被災者に必要な支援について聞き取っている。
  • 被災地シギ:報道の少ない地域だが、実は、被害が大きい。
  • 被災地シギ:子どもたちが通っていた学校も倒壊している。
  • 被災地シギに暮らす子どもたちの様子。
  • 被災地シギの避難キャンプで暮らす子どもたちとその保護者。
  • 被災地ドンガラで津波に襲われ、倒壊した家屋と住人。
  • 往復3時間もかけて足りないお米を買いに来る被災者もいる。
  • 現地で一緒に活動する頼もしいパートナー団体とのミーティング。
  • 避難キャンプでパートナー団体の物資配布に集まる子どもたち。
  • 震源地に近いドンガラの村での緊急物資配布の受付の様子。

インドネシアのスラウェシ島で9月28日に発生した大地震と津波、地滑りにより、死者2,077人、重傷者4,400人以上、そして21万人以上もの人々が避難生活を送っています。シャンティ国際ボランティア会は現地に職員を派遣し、被災者に支援を行なっています。まずは、不足していると声が多く上がっているお米や衛生用品、ベビー用品といった緊急救援物資を配布し、その後、弱い立場にある女性や子どもを対象とした支援を実施します。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
インドネシア、スラウェシ島を襲った大地震と津波、地滑りによって、多くの人々が家を失い、職を失い、子どもたちは学校を失い、10月29日時点で21万人以上もの人々が避難しています。政府や国連等の配給だけでは、足りない、また身分証が手元にないためにそういった公的な支援を受けられていない取り残された人々が、これからどう生きていけばいいのか途方に暮れています。

【解決する方法】
スラウェシ島の中でも、被害状況の大きいパル、ドンガラ、シギという3地域で避難生活を送っている人々に、お米といった今、必要な食糧と衛生用品を中心とした生活必需品等を緊急救援として配布します。また、現地で手に入りづらくなっているベビー用品等も配布します。今後は、弱い立場にある女性や子どもの支援を実施する予定です。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
今回のインドネシア、スラウェシ島の地震では日本円で約56億円の支援が必要であると試算されています。これは緊急救援の分だけで、完全な復興にはさらに莫大なお金と時間が必要になるでしょう。被災者が、目の前にあるこの過酷な現実に立ち向かい、自らの手で復興できるようシャンティ国際ボランティア会は支援を実施します。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
・2人の子どもを育てるシングルマザーの苦難
私たちの家族は支援を受けられる世帯の名簿に載っていないので、物資配布を受けられていません。しかし、名簿に載っていたとしても、物資配布の場所に行けば力の強い男性が支給される物資を我さきに取り、時として暴力的になるので、シングルマザーの私には物資が手に入らないでしょう。お米は政府から、たった500gしかもらえず、全く足りていません。ごはんを満足に食べられていないのです。

・12歳の女の子クリスティーンの願い
家が全壊しているので、壊れた家の前にテントを立て、そこで寝ています。今、一番の困っていることは食べ物が足りないことです。元の生活に戻りたいと願っています。学校を修理して、無くなってしまった制服を買って、そして安全に生活できる家がほしいです。

【寄付によって達成できること】
約2,000円あれば、下記の緊急救援物資を1セット、1世帯に配布できます。

「1パッケージあたりの内容」
・米(5キログラム)
・ココナッツオイル(1リットル)
・野菜
・入浴用品
・洗濯洗剤
・薄い毛布
・女性用下着
・生理用品

今年度のプロジェクト予算額最大3,000万


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
募集期間 2018/10/302018/11/28
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

多くの人が倒壊した家を離れ、避難し、毎日の食事や生活を不十分な物資配給に頼っています。家が残っている人も、地震のトラウマから、夜には外にテントを立て、そこで寝ているそうです。何もかも失い、心に傷を負っている被災者に、まずは一世帯でも多く必要な物資を届けるため、皆様のお力をお貸しください。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.