オンライン寄付サイト Invest in the Future

インドネシア スンバ島に森の復活を!!

あと71日
カルニ村 植林前と植林後

カルニ村 植林前と植林後

  • カルニ村 植林前と植林後
  • カルニ村 第6回スンバ島ワークキャンプ現地の方と植林
  • 荒地と草原が広がる典型的な風景
  • バナナ苗。過酷な地でも育つ品種を研究中
  • バナナ苗。ジャワ島から強い品種の苗を船で運ぶ予定です
  • バナナ苗。大きく育ちました。
  • バナナ農園のイメージ図
  • 収穫されたバナナ。収穫販売までが事業ゴールです
  • ラフマット氏:バナナ農園の指導リーダー
  • ラフマット氏は私設研究所を運営。国連からの委託も受ける

かつて白檀やバナナの輸出で栄えた島。今は草原が広がるばかりで、森は島の10%ほどしか残っていません。バナナでさえ、自生するのが難しい状況です。自生したバナナを採集する生活を送ってきた村人には、バナナを育てる知識がありません。 そこで現地の農業専門家ラフマット氏と協力し、過酷な環境となってしまったスンバ島でも育つバナナで、自然と共存した農園をつくる計画を立てています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
■【インドネシア スンバ島】森の回復
森がないために定期的にイナゴ(トノサマバッタ)が大量発生。主食のトウモロコシ、家畜の牧草、バナナの葉など、あらゆる植物が食い尽される被害が10年周期で発生しています。政府はそのたびに殺虫剤で殺しつくしますが、根本的な解決に至りません。豊かな森を回復しなければイナゴはまた発生します。

■【インドネシア スンバ島】現金を得る手段が限られている
伝統的に自給自足の生活をしていた住人は、現金を得る手段を知りません。彼らにとって、農業は特別な知識や道具がないと出来ないと思い込んでいます。主食のトウモロコシの栽培でさえ雨頼みです。家畜も自然繁殖です。

【解決する方法】
■自然循環式農業の普及
主食となるバナナを育てて村人の貧困を解消します。自然に影響がでない農法を教えることで、さらなる環境破壊を引き起こさずに、収入向上を目指せます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
■森の復活
・収入を得て余裕ができれば成長に時間がかかる木も育てられる
・森が増えれば厳しい自然環境が回復する

■経済的な自立で森も復活・人も元気になる
・現金を得ることで子供の学用品が購入できるようになり、勉強が好きになる子が増えます
・余裕が生まれることで、森の復活が村人の手によって再生されるようになります
・自分たちもやれば出来るんだと、農業研修を終えた方々から自信が生まれます

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
私は大学時代第6回スンバ島ワークキャンプに参加しました。その1年前からLIFEのスンバ島勉強会に出席しスンバ島の状況は聞いていましたが、初めて上空から見た木のない茶色い島には本当に驚きました。ワークキャンプでは川から村まで水道管を引くボランティアをしました。最終日の夕方、水道管の端から水が流れ出た瞬間のことは今でも覚えています。現在はLIFEの職員となり年に数回スンバ島へ行くようになりました。当時未舗装だったスンバ島の東西を結ぶ幹線道路は舗装されてきれいになっています。しかし、その道から奥へ入るといまだに水も電気もない暮らしが続けられています。LIFEはスンバ島に暮らす人々の生活が向上するよう活動していますが、まだご支援が必要です。皆様からご協力を賜りますようお願い申し上げます。
(インドネシア担当者より)

【寄付によって達成できること】
1千円・・・バナナ5株を購入できます
5千円・・・バナナ苗50株をスンバ島へ運べます
2万円・・・バナナ50株分の農園を建設できます
10万円・・・農園の技術指導者へ謝礼を渡せます

今年度のプロジェクト予算額500,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人地球の友と歩む会(LIFE)
募集期間 2018/07/012018/09/30
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

スンバ島の特に東スンバ地域には熱帯雨林がなく乾季が10カ月も続く乾燥地域です。この過酷な環境の中で数万人もの人が原始的な暮らしをしています。島を緑化して土壌を保水し、畑作ができるよう皆様のご支援をお待ちしています。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.