オンライン寄付サイト Invest in the Future

入院中の子どもたちにワクワクする時間を届けよう

ちょっと不思議なマジックショーに子どもも大人も大爆笑

ちょっと不思議なマジックショーに子どもも大人も大爆笑

  • ちょっと不思議なマジックショーに子どもも大人も大爆笑
  • 新聞紙で作った帽子をかぶってご機嫌
  • ながーいバルーンを作りました
  • バルーンアートに挑戦
  • 子どもたちのリクエストにこたえて歌います
  • 病室でもボサノバに合わせて一緒に太鼓を演奏します
  • プロの声優の読み聞かせでお話に引き込まれます
  • 可愛い似顔絵をプレゼント
  • ベッドサイドでピアノと歌の弾き語り
  • 目の前のジャズ演奏にノリノリ

美術、音楽、マジック等のプロのアーティストボランティアとアシスタントボランティアが小児病院の病棟、病室を訪問し、クラフトワークショップ、マジック、音楽会などを開く活動をしています。子どもたちが活力や自信を取り戻せるように、作る、手品を覚える、一緒に歌う、などの参加型の活動を大事にしています。ワクワクする経験をたくさんすることで、闘病への活力が増し、治癒力が高まると私たちは信じています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
化学療法や移植などのために長期の入院を余儀なくされている多くの子どもたちが、感染予防のために友達との面会も許されず、じっと辛い治療に耐えているという現状があります。
闘病生活を送る患者の癒しを目的に音楽会や演劇の会を催している病院もありますが、これらは主に外来患者やある程度身体を動かすことのできる入院患者向けで、治療や病状不良のために病室から出られず、催しに参加できない子どもたちは、楽しいと思う経験までも制限されています。
これら生活環境が極端に制限されている患児のためには、病棟や病室にいながら楽しめる、一度きりで終わらない、見通しを持って楽しみにできるような、ワクワクするような定期的な活動が必要と考えます。

【解決する方法】
入院児、施設入所児を訪問し、病棟の個室やプレイルームにて定期的・継続的に参加型の芸術活動を提供します。
1回基本1名の登録芸術家(マジシャン、各分野の音楽家、画家、絵本作家、バルーンアーティスト、声優、ダンサーなど)と付き添いスタッフが訪問しています。
芸術家がその専門性を生かし創造性あふれる豊かな時間を提供し、楽しい時間を共有しながら精神面で闘病生活をサポートします。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
私たちの活動により、子どもたちが達成感や自信を取り戻し、そしてふさぎがちな気持ちを少しでも明るく前向きにし、闘病意欲を持ち続けられるように支援することを目標としています。
さらに当団体の理念に則った「芸術家がその専門性を生かした創造性あふれる豊かな時間」を共有することが、入院児の健やかな育ちと情操教育の助けとなると考えています。

【受益者の声】
<子どもたちの感想>
音楽はすごく楽しかったです。がくふももらえたし、ピアノを演奏することが増えました。
また同じことをやりたい。
<保護者の感想>
毎週楽しみにしています。
声優さんによる紙芝居は本格的で親も楽しめました。
<病棟の感想>
子どもたちだけでなく、大人も一緒に楽しんでいます。
笑ったことのほどんどなかった子どもが活動中笑顔になっていました。

【寄付によって達成できること】
約1万5千円で1回の訪問活動を行うことができます。寄付金は主にアーティストへの謝金、スタッフの交通費などに使われます。
2016年には全国で約400回の活動が行われました。活動場所・活動回数を増やしてもっとたくさんの子どもたちに笑顔を届けたいと考えています。

プロジェクト総予算8,290,000


活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人スマイリングホスピタルジャパン
募集期間 2018/03/30
活動地域 北海道・東北
関東
東海・近畿
中国・四国
九州・沖縄
期間中の目標額 150,000
オンラインでの寄付額 209,000

プロジェクト担当者

小児病棟に本物のアートを届ける私たちの活動は、おかげさまで好評をいただき年々活動を広げています。さらに多くの子どもたちに笑顔を届けるため是非ご協力をお願いいたします。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.