オンライン寄付サイト Invest in the Future

クリスマス年末募金:途上国の人々が安心できる世界を

森が消えてこのような草原や岩が島の9割を占めています

森が消えてこのような草原や岩が島の9割を占めています

  • 森が消えてこのような草原や岩が島の9割を占めています
  • 2017年に研修を実施したワイクドゥ村の開墾した畑
  • ワイクドゥ村の住人 バナナの葉で苗ポッドを作成中
  • ワイクドゥ村の子供 苗ポッドを並べ中
  • ワイクドゥ村の住人 畑に水をまく
  • ワイクドゥ村の住人 川から水をくみ上げるのは重労働
  • ワイクドゥ村 ほとんどの人が裸足で生活している
  • 南インドの女性 土作りの作業中
  • 南インドの女性 植物由来の殺虫剤を作っています
  • 縫製工場で働く南インドの女性たち

■野菜作りで現金収入を得る機会を!■ インドネシア スンバ島では、これまでに野菜作り研修を行った村では市場で月に2,000円程度の現金を得られるように成りました!しかし研修を希望する村は、まだたくさんあります。■村の女性に就労の機会を!■ インド農村部において、女性が仕事を求めて村の外へ出ることがタブー視され、現金収入が得られません。そこで、まずは村の中や自宅でも出来る仕事を作りたいと考えています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
インドネシア スンバ島:
■村人は現金収入を得る手段を知らない
伝統的に自給自足の生活をしていた住人は、現金を得る手段を知りません。彼らにとって、農業は特別な知識や道具がないと出来ないと思い込んでいます。主食のトウモロコシの栽培でさえ雨頼みです。その雨すら、1年間にたった3ヶ月しか降りません。販売して生計を立てられるほどの量はできません。
 
南インド地方:
■女性が村の外で働くことに偏見・抵抗感
インド農村部において女性を取り巻く環境は厳しいです。女性が仕事を求めて村を出ることがタブー視され、村の中で就労の機会がなければ、稼ぎたくても稼げないというジレンマを抱えています。男性は雨の降らない乾季は、都市部へ出稼ぎに行くことが日常的です。残された女性は現金収入を得られるチャンスがなく、ただ夫の帰りを待つだけしかありません。

【解決する方法】
インドネシア スンバ島:
■厳しい自然環境でも農業ができる方法を伝える!
村人にとって、家畜のフンや落ち葉が肥料になることでさえ知りません。日本人が当たり前のように知っている情報でさえ、彼らにとっては特別な知識なのです。自分たちでは農業なんか出来ないと思っている村人を経験豊富なインドネシア人が指導します。これまでに4ヶ村80人が受講、今では市場に月2,000円の収入が得られるようになりました。
※物価水準:ペンやノート代 約250円、インドネシア語の絵本 約800円

南インド地方
■村の中で仕事ができるよう就労支援を行う!
現地NGOでは地元にある資源を活用した有機肥料を使ったハーブの栽培と販売を試みています。また、服飾の需要が多いインドでは縫製技能を習得していると就労のチャンスが広がります。私達はこれまで村の中に縫製工場を建設して、ミシン技能研修を実施し、約30人が受講し、月に約550円の収入が得られています。
※物価水準:公務員の月収 約1,500円~

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
インドネシア スンバ島:
スンバ島では、靴もはかずに片道2時間、ワニの出る川や、岩道が続く山や谷を越えて通学している子どもは珍しくありません。また通学カバンもないため宿題や教科書を持って帰ることも出来ず、ペンやノートを購入するお金がないため、勉強を途中で辞めてしまう子もいます。現金収入が得られれば、学用品を揃えて学校の勉強に専念できます。

南インド地方:
インドは学歴社会のため、わが子を少しでも高等教育を受けさせたいと必死です。得た収入は子供の教育に投じたい家庭が非常に多いです。南インドでは中学校進学率は9割近くですが、高等教育となると、ほとんど進学していません。母親が収入を得られれば、今まで諦めていた進学や教育のチャンスが広がり、希望すれば大学まで通える村人が出てくると考えられます。
 
【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
●スンバ島の有機農業研修を受けた人々より
ニンシさん(19歳)「LIFEの支援で野菜作りを学ぶ機会を頂きました。乾季に農業が出来るなんてビックリ!この技術を身につけ、卒業したら村の人々に教えようと思います。」
匿名希望の村人さん「家畜のフンや落ち葉が肥料になるなんて考えもしなかった!信じれらない。私たちでも、やれば出来るんだ、と自信がついたよ。ありがとう!」

●ミシンの縫製研修を受けた人々より
匿名希望の女性「夫から暴力を受けていて悩んでいました。離婚なんかしたら、両親にも村の人にも白い目で見られて生活出来なくなるから・・・。でも私が仕事をし始めたら、夫がまじめに働くようになったのよ!」
匿名希望の女性「夫とは良い関係が築けず悩んでいました。でも自活できる収入を得られたので、思い切って離婚しました。ミシンの仕事があるから生活には困らずに上手く生活できているわ!」

【寄付によって達成できること】

目標金額200万円

インドネシア スンバ島
50万円:水道管やポンプ・貯水槽を購入する
30万円:講師を呼んで20人に野菜作り研修を行う
20万円:農具や野菜の種を買う

1つの村(受講者20名)で野菜作り研修を行い、農業を実施するには総額100万円が必要です。

南インド地方
20万円:講師を呼んでハーブ作り研修をする
10万円:有機農肥料の作り方を30人に教える
10万円:ハーブの種や栽培に必要な農具を買う
10万円:ミシン4台の購入と研修を行う

1つの村や地方でハーブ作り研修を行い、女性が収入を得られるようにするには50万円が必要です。

東京事務局
50万円:目標金額の30%は、事務局の運営費(通信費・広報・印刷送料・人件費等)に使用させて頂きます。

今年度のプロジェクト予算額2,000,000


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 特定非営利活動法人地球の友と歩む会(LIFE)
募集期間 2017/12/012018/03/31
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

インドネシア担当:噂を聞いた近隣の村などから研修を希望する村が増えています。皆様の御支援、どうぞよろしくお願い致します。
インド担当:都市は発展していますが、農村とりわけ女性を取り巻く環境はまだ厳しいです。ぜひ御協力下さい。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.