オンライン寄付サイト Invest in the Future

NPO法(特定非営利活動促進法)制定10年の記録 ホームページ

関連シンポジウムの模様です

関連シンポジウムの模様です

  • 関連シンポジウムの模様です
  • HPのトップページです
  • HPで使っているイラストです
  • シンポジウム資料の写真です

1998年にNPO法が制定された前後1992年から2001年の10年間に議論された、市民、市民団体、企業、行政、政治家等の記録に、当時のキーパーソンへのインタビュー等を加えて編纂しました。また、それらを市民社会に関する日本の歴史資料として国立公文書館へ寄贈します。2016年に行った関連フォーラム含む、上記記録の一部をHP上で公開しています。市民社会の基礎資料として、たくさんの皆さまにご活用いただければ幸いです。

HPはこちらからご覧ください。http://npolaw-archive.jp/

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
 日本の市民社会のあり方を、市民、市民団体、政治家、行政、経済界など様々な分野の多くの方々が議論し、紆余曲折の末に法制化されたNPO法は、日本社会の本質を変えるものを持っていました。しかし、そこで行われた知見や事実を、長期間にわたって社会で共有し続けることは困難です。そこで3,000点に及ぶ資料原本の国立公文書館への寄贈に加えて、誰にでも見ることのできるHPでも可能な範囲の情報掲載を行いました。このプロジェクトによって、これからの市民社会を創る方々が簡易に重要な情報を得ることができ社会がより良く発展することを目指しています。

【解決する方法】
 多様な情報を載せたHPを長期間にわたって多くの皆さまにご覧いただくことで、これから新たに活動する方々が、かつての議論の積み上げから次の時代の社会の在り方を考え、行動することができます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
 このプロジェクトでは、10年間の記録等をHPで広く公開し、それらの資料を国立公文書館へ寄贈します。HPは長期間にわたって維持管理され、市民社会の基礎資料として活用いただくことを目指しています。HPを長期に渡って維持管理していくこと自体が、プロジェクトの長期的成果となっています。

【寄付によって達成できること】
 HPを長期間にわたって維持管理すること、国立公文書館とのやり取りを続けて可能な限り多くの資料を寄贈するためのご寄付をお願いしています。ご寄付によって、日本の市民社会の基盤となったNPO法の記録を無料で誰でも見ることができるようになります。それによって今後の市民社会の可能性が、大きく広がると考えています。

今年度のプロジェクト予算額650,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人まちぽっと
募集期間 2018/03/19
活動地域 日本全国

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.