オンライン寄付サイト Invest in the Future

インドネシア スンバ島に森の復活を!!

草原が広がる大地。いまは草原と岩が支配する島。

草原が広がる大地。いまは草原と岩が支配する島。

  • 草原が広がる大地。いまは草原と岩が支配する島。
  • 裸足での通学は、珍しくない光景。カバンも買えない子も。
  • 笑顔を向けてくれた。それはカラの容器だからだ。
  • 乾季でも青々とした野菜ができました!
  • 給水設備があるからこそ、野菜は育ちます。
  • 電気もガスも水道も道路もバイクもない生活。
  • 現地の方と、日本人ボランティアで海岸に植林をしました。
  • この地の管理は教会の日曜学校のメンバーが管理しています。
  • 日本人のボランティア参加者。村でバナナの苗木を植林中。
  • 日本人のボランティア参加者。村でバナナの苗木を植林中。

■森の復活 かつて香木の白檀が自生している豊かな森がありました。しかし生活のための伐採などで今は草原が続く島です。日本の四国ほど大きさの島に森は10%ほどしかありません。 ■住人の経済的自立 25年ほど前から植林支援を行っています。森の復活は、世話をする村人の経済的な自立や協力なしでは森は育ちません。そこで私たちは環境の負担にならない農業を普及し、村人の生活水準を向上させながら森の復活を考えています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
■【インドネシア スンバ島】森が島の10%しかない
森がないために定期的にイナゴ(トノサマバッタ)が大量発生。主食のトウモロコシ、家畜の牧草、バナナの葉など、あらゆる植物が食い尽される被害が10年周期で発生しています。政府はそのたびに殺虫剤で殺しつくしますが、厳しい自然環境のためにイナゴ(トノサマバッタ)が大量発生します。豊かな森では大量発生しません。

■【インドネシア スンバ島】現金を得る手段が限られている
伝統的に自給自足の生活をしていた住人は、現金を得る手段を知りません。彼らにとって、農業は特別な知識や道具がないと出来ないと思い込んでいます。主食のトウモロコシの栽培でさえ雨頼みです。

【解決する方法】
■荒れ地に植林
草原とむき出しの岩の島となったスンバ島に森を復活させるため、25年前から植林作業を実施。
今回は、キリスト教会の日曜学校の方や村人、公園のスタッフが中心となり村や公園で植林を行いまいた。

■自然循環式農業の普及
自給自足の生活しか送っていない村人は、家畜のフンや落ち葉が肥料になることでさえ特別な知識や技術であると思い込み、野菜作りに挑戦していません。自給自足では現金が得られず、町で子供の学用品を買うことすらままならない住人に、環境やお金に優しい自然循環式の農業を教えていきます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
■森の復活は住民の悲願
・繰り返し発生するイナゴ(トノサマバッタ)の大量発生を食い止めることが出来ます
・森が出来れば土が復活し、水の保全にも繋がります
・自然環境が回復すれば住環境も良くなっていきます

■経済的な自立で森も復活・人も元気になる
・現金を得ることで子供の学用品が購入できるようになり、勉強が好きになる子が増えます
・余裕が生まれることで、森の復活が村人の手によって再生されるようになります
・自分たちもやれば出来るんだと、農業研修を終えた方々から自信が生まれました

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
政府は殺虫剤を大量に撒いてイナゴはなんとか全滅したよ。今年は去年よりも大量にきているから心配だよ。でも日本人の皆さん、寄付をありがとう。私たちは頑張るよ。(2017年カル村より)

森がないせいでイナゴ(トノサマバッタ)が大量発生している。森を復活させたいけど、世話する水も余裕もないんだ。だから野菜を売ってお金にしたい。私たちに農業を教えてくれてありがとう。(2016年ユブワイ村より)

村人は、野菜をつくって売ることにとても関心がある。私も森を復活させたい。でも大きい川にいかないと水はないし、川まで往復2時間も歩きで水汲みをする村人には、とてもじゃないけど、すぐお金にならない植林は勧められないんだ。少しずつ、出来るところから森を増やしていきたい。(現地NGO ヘンリックさん)

【寄付によって達成できること】
5千円・・・水道管を50m敷設することが出来ます
1万円・・・苗木を100本購入すること出来ます
10万円・・・1年間、森の保全や管理人さんへの謝礼が出来ます
20万円・・・1つの村で野菜作り研修の実施ができます

今年度のプロジェクト予算額300,000


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 特定非営利活動法人地球の友と歩む会(LIFE)
募集期間 2017/07/102017/09/30
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

スンバ島の特に東スンバ地域には熱帯雨林がなく乾季が10カ月も続く乾燥地域です。この過酷な環境の中で数万人もの人が原始的な暮らしをしています。島を緑化して土壌を保水し、畑作ができるよう皆様のご支援をお待ちしています。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.