オンライン寄付サイト Invest in the Future

視覚障害学生への3Dプリンタ寄贈プロジェクト

FebCafe Tokyoにて3Dプリンタの体験

FebCafe Tokyoにて3Dプリンタの体験

  • FebCafe Tokyoにて3Dプリンタの体験
  • 第18回文化庁メディア芸術祭にて視覚障害者、聴覚障害者を対象に、芸術作品を鑑賞するワークショップを開催した時の様子です。
  • 第18回文化庁メディア芸術祭でのワークショップの様子
  • 第18回文化庁メディア芸術祭でのワークショップの様子
  • 第18回文化庁メディア芸術祭でのワークショップの様子
  • 第18回文化庁メディア芸術祭でのワークショップの様子
  • 第18回文化庁メディア芸術祭でのワークショップの様子
  • 生活や職場での情報バリアについての勉強会の様子
  • FebCafe Tokyoにて3Dプリンタの体験
  • 発達障害者就労施設でのセミナーの様子

特別支援学校には、さまざまな障害を持つ学生が在籍しています。本プロジェクトが対象とする視覚障害学生は、物や動物などの形を理解する時に、触察という、模型などを触ることで形を学びますが、模型には限りがあるため、形状を知らない物や動物が結構あり、それが情報バリアの一つになっています。本プロジェクトでは、3Dプリンタで模型を作成する方法を学ぶため、誰でも手軽に模型を作成できるようになります。作成した模型を通して触察することで、形に対する情報を増やすことを目指しています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
視覚障害を持っている人には、視覚から得られる情報に限りがあるという情報バリアがあります。その情報バリアを解消するために、触察学習(手で模型などに触って形を認識する学習方法)が行われていますが、模型には限りがあるため、その機会は十分とはいえないのが現状です。

【解決する方法】
インフォメーションギャップバスターは、世の中に存在する情報バリアの解消のために、啓発や教育、行政や企業への提案や要望活動を行っています。今回は、視覚障害学生の情報バリアを解消するために、視覚障害学生が通っている特別支援学校に3Dプリンタを寄贈して、導入と講習をサポートします。
3Dプリンタの選定・購入、特別支援学校での導入・講習については、ファブラボ関内と連携します。
ファブラボ( デジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた、実験的な市民工房のネットワーク)は、通常は、一般市民を対象として3Dプリンタを使ったものづくりの普及活動をしています。
今回、ファブラボ関内と連携して初めて特別支援学校に3Dプリンタを普及することで、視覚障害学生が気軽に3Dプリンタを使えるようにし、実際の物や動物などを縮小もしくは拡大した模型を多く作成し、その模型を触る触察学習を通して、形に対する認知情報を増やし、視覚障害学生の情報バリアを解消します。
まずは、モデル校にて先生方の協力を得て3Dプリンタの導入を行い、成功したら、他県にも横展開を図ります。まずは特別支援学校3校に3Dプリンタを導入し、各学校10名、合計30名の視覚障害学生が、3Dプリンタを活用した触察学習を行います。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
視覚障害学生のための触察学習が進むことにより、卒業後、就職した際、形に対する意識のズレを減らすことができます。会社業務に対する円滑な適応性を身に着けることは、会社・社会全体の生産性を向上し、障害者雇用促進にもつながります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
盲学校教諭の方より
・盲児の触察学習に画期的だと思います。地方の公立校では、1万円のインクジェットプリンタでさえ購入困難なのが現実です。ぜひ、ご支援ください。

【寄付によって達成できること】
1,000円で3Dプリンタパンフレットが10部作成できます。(制作費別)
10,000円で3Dプリンタ講習を1回開催することができます。(交通費別)
100,000円で3Dプリンタを1台購入することができます。(諸経費別)

今年度のプロジェクト予算額2,800,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター
募集期間 2016/12/19
活動地域 日本全国

プロジェクト担当者

最先端の技術を教育現場に導入することで情報バリアを解消したいと思っていますので、是非ともご協力いただけると幸いです。(伊藤芳浩)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.