オンライン寄付サイト Invest in the Future

障害児・病児の遠隔授業支援の仕組みづくり事業

感染予防のマスクを付けて。体育館などでも支援を受けられます。

感染予防のマスクを付けて。体育館などでも支援を受けられます。

  • 感染予防のマスクを付けて。体育館などでも支援を受けられます。
  • 通常の授業でもタブレットで情報保障を受けられます。
  • 移動を伴う授業でも、遠隔支援システムは大活躍できます。
  • 学年が上がるにつれて、毎日の授業の中身は濃くなります。
  • タブレットのある授業は当たり前になりつつありますね。
  • 遠隔支援なら、全国どこからでも、どのお子さんにも、支援が提供できるのです。
  • 遠隔診療システムを持つNPO「e-MADO」の活動を学びました。
  • 障害・病気があっても「みんなと一緒に学びたい!」

病気や手術で入院・治療の期間も「授業が受けたい、授業に参加したい」という、病児・障害児のニーズに応えるため、インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組みます。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
長野サマライズ・センターは、長年、聴覚障害児のために、インターネットとタブレットによる遠隔操作を利用した文字通訳などの教育支援を行ってきました。文字通訳は、学校で授業を受ける際に有効ですが、人工内耳装用手術を受けるために入院するときなどは、学校以外に行くことができません。そのため、「遠隔支援システム」に取り組み、実際に教育現場を中心に、支援活動を行ってきました。
遠隔授業が必要なのは、聴覚障害のあるお子さんだけではありません。病気やけがで長期入院する子どもは、国内に年間6,000人以上おり、そのうちの4割は授業が受けられていないというのが実態です。短期の入院を繰り返していて、続けて学校に通えない子どもたちも少なくありません。
遠隔授業のシステムや、インターネットテレビ電話などの無料の仕組みや、遠隔診療に使えるシステムは社会に徐々に増えてきています。しかし、実際にはなかなか活用されておらず、使い方も認知されていないことが課題となっています。

【解決する方法】
入院中の子どもたちが学んだり、自宅の家族と交流できる、遠隔交流システムを開発しているNPO法人e-MADO病気のこどもの総合ケアネットと協力して、遠隔授業の普及をはかります。
そのためにまず、医療機関や当事者家族などのニーズ調査を行います。
それぞれのニーズに適した遠隔診療システムなどを調査し、学校の協力も得ながら、遠隔での体験授業の実施をサポートします。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
長期的には、障害や病気を持ったお子さんたちに、ICTを活用した授業支援を行うための「子どもICT基金(仮称)」を立ち上げて、一人でも多くの子どもたちに学ぶ機会を提供していきたいと考えています。
学ぶことは、つらく、苦しい手術や治療、長い療育生活にある子どもたちに、小さな希望を生み出します。そして、病気や障害があっても、社会で活躍できる人材を育てることにもなります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
・普段から情報が届かない聴覚障がいのお子さん。入院することになって、より授業に遅れを感じる保護者の希望に応えられないか、と考えたのがきっかけのプロジェクトです。「聴覚障害」分野だけでは解決できない課題を、広いネットワークを模索しながら、多方面から解決に近づいていきたいと考えています。(長野サマライズ・センタースタッフ)
・自分の経験から、長期入院している子どもたちの支援は、本当に力を入れてもらいたいです。
ただ、中には長期入院される方だけではなく、一回の入院期間は短くても、繰り返して入院を余儀なくされる子どもたちも多いのです。そういった「グレーゾーンへの支援」にも、目を向けてほしいです。(入院経験当事者である学校関係者)

【寄付によって達成できること】
・1万円あれば、スマホやタブレットのインターネットテレビ電話機能を使った、もっともシンプルな授業支援体験を1回提供することができます。
・2万円あれば、遠隔診療システムをお借りして、セキュリティの高い授業支援体験を1回提供することができます。

今年度のプロジェクト予算額400,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人長野サマライズ・センター
募集期間 2015/12/08
活動地域 日本全国
本年のオンラインでの寄付額 20,000

プロジェクト担当者

1地域、1団体だけでは解決できない課題が、社会には多く存在することに気付き、持てる情報・知識・人材を役立てられたらと、強く感じています。一人でも、一回でも、笑顔になる時間を増やせるよう、ご協力ください。(事務局長 小笠原恵美子)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.