オンライン寄付サイト Invest in the Future

シリア難民緊急支援

CAREはシリア周辺国で幅広くシリア難民の救済にあたっています。(Photo: CARE)

CAREはシリア周辺国で幅広くシリア難民の救済にあたっています。(Photo: CARE)

  • CAREはシリア周辺国で幅広くシリア難民の救済にあたっています。(Photo: CARE)
  • CAREの支援物資には、水や食料の他、衛生用品が含まれています。 (Photo: CARE/Novi Sad Humanitarian Centre)
  • お姉さんへの支援物資を受け取りに来た、シリア難民の男の子(Photo: CARE/Ninja Taprogge)
  • 移動中の難民へも支援物資を渡しています。              (Photo: CARE)
  • シリア難民への聞き取り調査をするCAREスタッフ。          (Photo: CARE)

CAREは、シリア難民への生活支援をヨルダン、エジプト、トルコ、イエメンで行っており、これまで850,000人以上を支援しました。CAREは、現在、セルビアにおいて、同国に到着したシリア難民に対し、食糧や水などの必要物資の配布を行っています。

難民支援が続けられる中、既に可決された地域紛争の政治解決を求める国連決議の施行、民間人の保護と人道支援へのアクセスの強化に向けた新たな外交努力がなされなくてはなりません。これには、中国、ロシア、そして現地政府を含む国連安保理の真剣な政治的対応が求められています。CAREは、欧州各国の政治対応を歓迎していますが、これは単なる始まりだと考えています。

長期化する内戦に伴い、生命をも脅かすほどの非常に過酷な状況の只中で苦しんでいる人々がいます。今、この時にも、大切な家族や家を失い、大きな悲しみと絶望の中にいる人々がいます。

たくさんの国内避難民、そして祖国を追われた難民たち、またその難民を受け入れる周辺国の人々に対して、適切な緊急支援を行い、事態の悪化を少しでも緩和するためには、これまで以上の国際支援(活動資金)を必要としています。

どうか、「シリア緊急募金」へのご協力をお願いいたします。

[CAREのシリア難民支援について]
CAREは、シリア難民への生活支援をヨルダン、エジプト、トルコ、イエメンで行っており、これまで850,000人以上を支援しました。CAREは、現在、セルビアにおいて、同国に到着したシリア難民に対し、食糧や水などの必要物資の配布を行っています。また、女性には生理用品の配布や乳幼児のいる家庭にはおむつやおしりふきの配布なども行っています。

〈お預かりした寄付金は、例えばこのような支援活動に活用させていただきます〉
*3,000円で、難民キャンプで暮らす10家族に対して、安全な水を確保するためのポリタンクを配布することができます。
*6,900円で、ブルーシートやロープ、その他工具などの提供により、難民自身による仮設テント設置を可能とします。
*10,000円で、1世帯の家族が、家賃や生活費、医療費、燃料代などを賄うことができます。



活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
募集期間 2015/09/152016/06/30
活動地域 アジア

プロジェクト担当者

連日、日本国内のニュースでも大々的に取り上げられていますが、多くの難民がシリアの戦火から、命からがら家族と共に難民として、安全な土地へ移動しています。彼、彼女たちは戦争と無縁な一般市民です。どうか、CAREを通じてご支援をお願い申し上げます。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(シリア難民への水や食料、難民キャンプ支援。
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.