オンライン寄付サイト Invest in the Future

地球市民を育むオルタナティブスクール 応援プロジェクト

市民が創った新しいタイプの学校にご支援を!子どもが学びの主人公の学校の運営にご協力お願いします

いま、日本には13万人の不登校の子どもたちがいます。その原因はさまざまですが、学校で学ぶことの意義を見い出せず、学びから逃避する子どもが増えていることも一因となっています。「窓ぎわのトットちゃん」の学校のような、子どもたちが楽しく、生き生きと学べる学校があったらいいと思いますが、実際に、子どもの主体的な学びを支援する学校は非常に少なく、今の学校システムに適応できない、あるいは馴染めない子どもたちがたくさんいます。

箕面子どもの森学園は、教師中心、教科書中心の教育に疑問をもった教師や市民が集って創った、『子どもが学びの主人公』の小学校です。子どもの興味・関心を学習の中心に置き、子ども自身の生活から学習を組み立てるフレネ教育の考えと方法を取り入れ、子どもの主体性・自律性を促進する教育の実践を行っています。

2015年3月にユネスコから、ESD(持続可能な未来のための教育)を行うユネスコスクールとして認定され、2015年4月から中学部もスタートしました。

この新しいタイプの学校(オルタナティブ・スクール)は、2004年4月に大阪府箕面市で開校し、2009年3月には現在の場所に新校舎を建て、そこに移転しました。定員40名の小さな小学校で、エコロジカルで民主的な教育がなされています。教師の役割は、将来必要になる知識や技術を教え込むことではなく、子どもたちの自立的な成長のプロセスを支援し、一人ひとりの子どもがもっている可能性を最大限に発展させることだと思います。

このプロジェクトが軌道にのれば、一般の人たちに多様な教育の存在と可能性への理解を深め、日本の教育の発展に寄与できるものと考えています。

この学校は、現行制度では正規の学校として認められていないので、公的補助が受けられず、授業料収入だけでは運営の費用を賄いきれません。優秀な人材が意欲をもって、学校づくりにかかわれるようになるために、ぜひ皆様のご寄付をお願いいたします。

今年度のプロジェクト予算額7,345,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人箕面こどもの森学園
募集期間 2010/03/12
活動地域 東海・近畿

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.