オンライン寄付サイト Invest in the Future

AED・健康スポーツ基金

地域スポーツに関わる多くの人が安心してスポーツ活動を行う環境づくりのために、地域のスポーツチームにAEDを寄贈する基金です

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、様々な年代、様々な地域で競技スポーツ、健康スポーツ活動が盛んになることが予想されますが、安心してスポーツ活動を行えるだけの十分な数のAEDが設置されている状況にありません。
地域スポーツに関わる多くの人が安心してスポーツ活動を行う環境づくりを行うために、基金の趣旨に賛同していただいた企業や個人のみなさまからの寄付をもとに、地域のスポーツチームにAED (自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)を寄贈します。また、地域のスポーツに関わる多くの人が躊躇なくAEDを使用できるよう講習会を実施し、「いのちの教育」の実現に貢献します。

公益財団法人パブリックリソース財団と、公益財団法人日本健康スポーツ連盟と共同で、設立しました。基金の運営管理と寄贈先の選定はパブリックリソース財団が行い、日本健康スポーツ連盟は、地域のスポーツに関わる多くの誰もが躊躇することなくAEDが使用できるように講習会の実施と講習インストラクターの派遣、AED普及についての啓蒙活動、募金活動を行います。
また、公益財団法人日本体育協会や公益財団法人日本オリンピック委員会をはじめ多くのスポーツ団体から後援をいただいています。
「AED・健康スポーツ基金」を通じて、安心してスポーツに取り組める環境作りを行います。

40万円寄付が貯まると、1台寄贈できます。みなさんの思いが1台のAEDの寄贈につながります。多くの人の支援で、1台の寄贈を実現させてください。寄贈先に関しては、AEDを必要としている地域のスポーツ団体の中から、パブリックリソース財団の審査委員会で選定させていただきます。

今年度のプロジェクト予算額40万


活動レポート

寄付の受付は終了しています
団体名 公益財団法人パブリックリソース財団
募集期間 2014/10/082018/10/31
活動地域 関東

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.