オンライン寄付サイト Invest in the Future

「キーボード動物園」から音声を文字で伝える聴覚支援

私たちの活動はキーボードから繋がっています。

私たちの活動はキーボードから繋がっています。

  • 私たちの活動はキーボードから繋がっています。
  • 携帯から送られてくる音声を拠点でPC入力し、教室のiphoneに文字で表示
  • この日、はじめての体験をしてもらいました。
  • 夕刊の紙面製作時間の見学会で
  • 日々感想をいただいています。
  • 感想をイラストにし送っていただきました
  • 四国の高松市で開催された、一部を文字通訳させていただきました
  • 利用者目線で、常に支援ツールの検討・勉強会も行っています。
  • 「働く難聴女子に出会おう」一般の職場での工夫や経験談をみんなでお聞きしました
  • 手話教室・聴覚障害児支援コーディネ―ターによる「ろう・難聴児相談」開催しています。

私たちの活動は、タブレットに『話し言葉を文字で表す』聞こえの支援です。 長野から全国へ支援を行っています。遠隔文字通訳の利用も広がる中、技術支援者が足りません。全国どこからでも、あなたの力を活かしてもらいたい!そのための技術研修、最新の機器の活用により聴覚障害のある方々の“耳の代わり”になることができます。パソコン文字通訳という選択肢を一人でも多くの聴覚障害児に届けるために、普及活動を行います。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
新生児スクリーニングによる早期発見、早期言言語獲得、人工内耳の発達などにより「聞こえない・きこえにくい」子どもが普通学校で学ぶケース、特別支援学校から大学に進学したり、一般企業に就職するケースが増えています。しかし、「聞こえない」「聞こえにくい」ことがまわりに理解されず、情報が十分にはいってこないことで、孤独な毎日を送っている子どもたち、『能力が劣っている』と判断され社会人として活躍できる知識やコミュニケーションを身に着ける機会を持てないまま自立が難しくなっている子どもたちもたくさんいます。
しかし、この支援活動は平日の昼間、授業のある時間帯に提供するもので、支援サービスの担い手を確保することは非常に厳しい。支援を希望する聴覚障害を持つ子どもたちの学ぶ環境が十分保障されるよう、不足している人材を補い、活動できる人材を増やすため、遠隔支援システムが使えるように、全国各地に点在する支援者の育成とネットワーク組織を構築します。

【解決する方法】
聴覚障害をお持ちのお子さんは、生まれつきの重度のお子さんだけでも1000人に1人。軽度のお子さんも含めると、各小学校に1人以上おられると想定されます。
「パソコン文字通訳」とは、トレーニングを受けたパソコン要約筆記通訳者が、音声を聞きながらパソコンなどで即座に入力を行い、パソコン画面やスクリーン、タブレット端末などに文字を表示させる支援により先生方の教室運営の一助ともなれる。
遠隔支援システムの支援が入れば、地域での支援者が不足していても、聴覚障害のある子どもたちは「みんなと一緒に笑いたい、学びたい」という切実な思いを叶えることができ、支えるご家族の希望につながります。
特に、子育てや介護等で、家を空けにくいけれど、平日昼間の空き時間を活用したいという、女性の力を活かし、社会活動への参加も推進することができると考えています。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
・人材不足で十分な支援を受けられない地域の聴覚障害のお子さんへの情報支援が実現できます。
・人材不足だった地域でも、遠隔支援システムの導入をきっかけとして支援人材の育成が進みます。
・育児や介護で家を出て活動できなかった人材を支援者として育成することで、社会とのつながりを持つ機会が提供でき、適切な時期には、さまざまな社会での活躍につなげてもらえます。
・遠隔支援システムは、直接大人が現場に入り込まないため、サービスを受けるお子さんの自立を促す効果が報告されています。受けることで、情報の不足が解決され、本来持っている能力を発揮できるようになるだけでなく、自立した人格として自信を持って将来に向かって生きることができるようになります。
・必要な支援を受けながら、自立して生きていける社会が実現すれば周りの意識も変わり、これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者が、積極的に参加・貢献していくことができる社会構築へとつながります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
<パソコン文字通訳のデモンストレーションに参加した、聴覚障害を持つ子どもたちの声>
「毎日支援に来てほしい。明日もあさっても来てくれる?」
「生放送のテレビの字幕より文字が出てくるスピードが速くてびっくりしました。字幕におもしろい言い方や冗談まで出てきて 私も、みんなと一緒に笑えたことがうれしかった。字幕のおかげで知らないことを知れたし、みんなと一緒に笑えて楽しい授業になりました。ありがとう。」
「長野サマライズ・センターの存在は、 難聴児の保護者に勇気を与えてくれます」(保護者)

【寄付によって達成できること】
・3,000円あれば、パソコン文字通訳のご紹介から実施までを普通小・中・高校等で1回実施することができます。
・30,000円あれば、教育関係者・文字通訳支援者団体を対象とした出前講習を、他県で1回行うことができます。
・50,000円あれば、パソコン文字通訳ボランティア養成の入門講座一式が提供でき、一式最大約20名の支援者を育成することができます。

今年度のプロジェクト予算額3,000,000


活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 特定非営利活動法人長野サマライズ・センター
募集期間 2014/10/01
活動地域 日本全国
本年のオンラインでの寄付額 0

プロジェクト担当者

聴覚障害は「外見からはわからない障害」といわれ、難聴者の苦痛が理解されにくい状況にあります。テレビやDVDの音声を消して見ていただき、聴覚障害がある人の気持ちを体験してみてくださいませんか?(楠瀬 樹宜)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.