オンライン寄付サイト Invest in the Future

都会の子どもたちに里山体験を贈ってください!

「ぼくらの里山・いきものゲーム」を体験している様子

「ぼくらの里山・いきものゲーム」を体験している様子

  • 「ぼくらの里山・いきものゲーム」を体験している様子
  • 雑木林での保全体験
  • ゲームで学んだ作業を改めて説明している様子

里山保全を疑似体験しながら環境や生態系を学ぶことができる学習ツール「ぼくらの里山・いきものゲーム」を、都内の中学校を中心に寄贈します。理科離れ・自然離れが問題となっている世代に、環境保全の意味、人と自然の関わりを楽しく学ぶ機会を提供します。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
次世代を担うべき子どもたちの自然離れを危惧する声が大きくなっています。文科省の「青少年の意欲をめぐる現状と課題」によると、「昆虫をつかまえたことがある」という質問に対し、「ほとんどない」と回答した子どもが、平成10年には20%だったのが、 平成17年には35%に増え、「海や川で泳いだことがほとんどない」と答えた子どもが、10%から26%に増えています。小中学生の自然に対する体験が乏しくなっていることがわかります。
このような状況は、子どもの情操面における影響が心配されるだけでなく、将来的に、環境問題に対する意識が乏しい大人が増えることが危惧されます。両親や教員世代でさえ、自然体験が乏しいことが、子どもの自然体験の減少を加速させています。

【解決する方法】
樹木・環境ネットワークでは、楽しみながら里山管理を疑似体験し、環境保全の知識を深めることができるツールとして、「ぼくらの里山・いきものゲーム」を開発しました。主に中学生を対象としたカードゲームになっており、里山での「保全作業」や「生息している生きもの」、「貴重な生きもの」がカードとなっており、グループで相談しながら、「貴重な生きもの」を復活させよう!とゲームを進めます。このゲームを通じて、生きもの同士のつながりや作業が自然与える影響などを疑似的に体験することで、人と自然が関わっていくことも意味について気づくきっかけをねらいとしています。
すでにいくつかの学校では総合学習の一環としてこのカードゲームを活用し、子どもたちの環境への関心を高めることに成功しています。私たちは、このゲームをきっかけに、野外での自然体験への導きができると考えています。
さらに多くの学校でも活用してもらうために、このツールを学校へ寄付し、学校の先生向けに無料の体験セミナーを実施します。また、ツールを効果的に活用できる人材も育成します。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
本学習ツールを体験することで、子どもたちは環境保全の大切さを実感し、ボランティア活動などにより自分たちも環境保全にかかわれるということを知ります。また、子どもたちが里山保全に興味をもち、将来的には、環境に配慮した生活を意識したり、ボランティア活動に自主的に参加するようになるなど、環境意識の高い人を増やすことにつながります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
・ゲーム自体が楽しくて、夢中になってしまったが、やりながらいろいろなことに気づいている自分に気づいた(指導者向けセミナーでの体験者)
・いろいろなところ(地域性、海外など)で使ってみたい!(指導者向けセミナーでの体験者)
・生き物たちのつながりを楽しく勉強できた(中学生)

【寄付によって達成できること】
3000円で、学校に学習ツールを1セット寄贈することができます。
100,000円で、希望する学校に対して体験セミナーを1回実施できます。

今年度のプロジェクト予算額60万


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 特定非営利活動法人樹木・環境ネットワーク協会
募集期間 2013/11/272013/12/27
活動地域 関東
本年のオンラインでの寄付額 0

プロジェクト担当者

体験した方々より大変好評をいただいている学習ツールを、今回の募金をきっかけにより多くの方に知っていただきたいと思っています。(事務局スタッフ 後藤洋一)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.